• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

完璧を目指す事の難しさ

設計図には部分的に不整合がある場合や、少々曖昧な表現をしている場合などがありますが、ある程度の問題点は許容していくしかない。
と、前回はそのような内容の話をしました。

こうした話は少し設計者にとって都合が良すぎる内容であり、かなり設計者よりの考え方になっているかも知れません。
施工者にとってはやはり設計図というのは建物の指針である訳ですから、やはりそこには明確な表現を期待してしまうものです。

建物を設計するプロであれば、きちんとした設計図を発行すべき、という意見ですね。

ただ、そうした理想を実現するには少し時間や人員が足りない場合が多いので、ある程度優先順位を決めて作業を進めていくしかない場合も多いものです。
そのあたりの事情はどこにでもありますから、ある程度の不整合などに目くじらを立てるのではなく、もう少し気持ちにゆとりをもって仕事を進めたいところ。

ゆとり

もちろんこのような意見は私の個人的な考えでしかありませんから、こうした意見を強制する訳ではありませんが…
不完全な部分がどうしても許せない、みたいな気持ちで仕事をしてもそれほど良い事はない、というのは私自身の経験から間違いないと思っています。

ある程度不整合があるにしても、設計図の根本的な部分に致命的な問題がない限り、設計図の情報をベースにしながら施工は進んでいくものです。
施工者も当然施工のプロですから、設計図の内容に不整合があるからと言って手が止まってしまうというような事はありません。

設計図が不整合になっている部分があるかも知れませんが、施工者が作成する施工図でも不整合は必ずと言って良いほどあるはず。
結局お互いに間違いはあるものですから、それらを許容しながら仕事は進めていくものだという認識でいると、気持ちはずいぶん楽になるものです。

設計者であっても施工者であっても、仕事は100%完璧にこなした人が勝つ訳ではなくて、80%でも良いので途中でやめずに続けた人が勝つものです。
まあ仕事は協力して進めるものですから勝ち負けを論じる時点で変なんですけど…

100%を目指して途中で挫折するくらいであれば、完璧ではないけれど継続して仕事を続けた方が価値がある、ということは間違いなく言えます。
人間がやる事で完璧な事などありませんから、そもそもそうした完璧を目指す事自体が間違いで、完璧でないけれども続けることが重要という話でした。

と、ちょっと書きたいことの前に違う話をしてしまいましたが…
そういった事情でなかなか完璧には出来ない状態の設計図を受け取って、施工者が施工をどのように進めていくのか。
そのあたりについての話に戻していきます。

設計図の内容が多少曖昧だったり記載が不足していたりする場合は結構多いものですが、先ほども書いたように施工者はだからと言って手を止める訳にはいきません。
その場合はどうするかと言うと、施工者と設計者とで打合せをしながら施工の方針を煮詰めていく事になります。

設計図の内容が不足していますから施工が出来ません、というような事を言いたくなる場合も時にはありますが…
そんな主張をしてもあまり意味はなくて、それよりも不足している情報を補う為に打合せをする方が健全だし仕事も進む、という事になります。

施工者の場合は竣工引渡しの日が決まっていますから、そうした不毛な話をするよりも話をどんどん施工する方向に進めていく必要があるんです。
設計図を見れば設計者がどのような事をやりたいのかはある程度分かりますから、その方針をベースにして具体的な納まりについて施工者としての考えを図面にしていく訳です。

関連記事

  1. 打合せ
  2. 協力
  3. 主張
  4. 石頭
  5. マニュアル
  6. くつろぎ