• 仕事の理想的な流れ
    楽しく仕事をするために

    さて…建築に関わる仕事に就くことについて色々書いていたら、いつの間にか大学受験の話になってしまいました。ただ、大学受験と建築系の職に就くこととは全然違う話でもないので、こうした話になるのは仕方がないかなとも思います。進学する大学の学部によって、卒業後の職種がある程度は絞られてくる[...]

    続きを読む
  • 受験勉強は結構苦しい…
    仕事に就いてからの勉強

    建築に関する仕事に就くための最も一般的な流れはどんな感じなのか、という話を前回はかなりシンプルにではありますが考えてみました。まずは大学の建築学科に進学して建築に関する勉強をして、大学を卒業するタイミングで設計事務所やゼネコンなどに就職する。だけど建築学科がある大学に進学するためには、そ[...]

    続きを読む
  • 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む

図面と現場との違いもある

今まで説明してきた通り、施工者は「施工図」と「製作図」という図面をもとに現場での施工を進めていくことになります。
実際の施工を進める為に作図する図面は、かなりの枚数になってくるはずです。

これはもちろん建物の規模にもよって違ってくるものですが、施工者が作図していく図面を全部あわせると、図面のボリュームは1000枚を超えることも珍しくありません。
紙って重いものなんだ…と感じるには充分のボリュームですよね。

そうした膨大な量の図面をきちんとまとめて、それぞれの図面の整合をタイムリーに取っていくという業務はかなり大変なものがあります。
枚数が多くてなおかつ情報が複雑に絡んでいるので、この図面が変更になったからこっちの図面も修正して、というような作業が非常に大変なんです。

図面の枚数と種類が多いと言うことは、どこかで変更が発生した際には、修正が必要な図面は一枚ということは絶対にないという事を意味します。
だからと言って、それぞれの図面に関連する図面の種類を記入する訳にもいかないので、図面を担当する側が管理していくしかありません。

また、製品を工場で製作する為に作図される製作図には、図面の整合性以外に気にしなければならない「製作期間と納期」という問題があります。
変更になったからと言っていくら図面を修正しても、既に工場で製品を作っているよなタイミングであれば、図面を修正するだけでは意味がありません。

製品を製作開始した時点で、変更はもう出来ないという事になり、それ以降の変更はもう手遅れという事になってしまいます。
かと言って、変更があっても対応出来るようにと工場での製作をかけないでおくと、施工の工程がどんどん遅れて最終的には竣工に間に合わなくなってしまいます。

そんな困った状況にならない為に、施工者は工事の工程と図面の管理、そして工場で製作する製品の納期をコントロールしていくことになります。
サラッと書いてしまいましたが、これは非常に大変な業務になります。

図面がきちんとまとまっていると実際の施工がスムーズに進む。

進行

これは確かに事実ではありますが、その図面をきちんと整合性を取りながらまとめる事自体が非常に大変な作業だという話があります。
それさえ出来れば実際の施工を進めていく現場が円滑に進む訳ですが、現実としてそれがなかなか難しい…

と言うことはつまり、施工を円滑に進めるのは難しいという事になる訳ですが、もちろん難しいからと言ってそれに取り組まない訳にはいきません。

実際に施工をする前に検討をするという目的で図面を作図する訳ですが、そうした図面の整合性を保つことが難しいという話ですが…
実際の施工では色々な工事の取り合いを調整しながら円滑に進めることが非常に難しい、という事を意味しているのだと思います。

ちょっと同じような話を繰り返している感じになっていますが…

調整が難しいからこそ、実際の施工を進める前に図面を色々と作図して検討や調整をしていく必要がある、という事なんですよね。
施工図でも製作図でも、図面の存在価値はそのあたりにある訳です。

設計図をベースにして、施工者が様々な図面を作図していく理由はそのあたりにあって、大変な業務でも時間をかけて図面をまとめる意味と効果は間違いなくあります。
あまりにも「大変です」と繰り返してしまうと、図面を仕事にしようと思う方がいなくなってしまうかも知れませんが。

大変な分だけやりがいと面白みがある仕事でもあると思います。

関連記事

  1. 仕事が山積み
  2. 検討
  3. コスト管理
  4. 工程
  5. 大プロジェクト
  6. 組織図