• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

製作図までの情報の流れ

前回は製作図についての説明を進めていきましたが、ちょっと前置きの話が長くなりすぎてしまい、まとまり切れない感じになってしまいました。
施工図では表現しきれない部分があって、なおかつ現場で造るのが難しいものはたくさんあって、そうした製品を工場で作っていく訳ですが…

建物を構成する製品の中には現場で作るのが難しいものもあって、そうした製品を製作する為に必要となる図面を「製作図」と呼ぶ、という事になります。
施工図では表現しきれないような細かい部分を製作図で表現していくことで、建物を構成するものをより細やかに表現することが可能になります。

施工図ではなかなか気が付かないような部分でも、製作図として作図された細かい図面を見ると「こんな問題があるのか」ということに。
図面の大きな役割のひとつに問題点の事前抽出という点がありますが、製作図で細かい部分を拡大して作図することによって、施工図では分からなかった問題点を発見することが出来るんです。

そうして出てきた問題点をひとつずつ解決していく事によって、実際の施工を進めていく際に手戻りが少なくなるという流れになる訳です。
このように事前検討や調整が出来る事こそが、図面の持つ最大のメリットではないかと思います。

検討

製作図によって細かい部分まで検討した結果として、様々な部分の納まりが少しずつ明確になっていく事になります。
そこで検討された図面を元にして工場で製品を製作してきて、それを現場で取り付けるのですから、間違いが少ない状態が期待出来ます。

一方では、様々な種類の製作図が膨大な枚数出てくる関係で、それぞれの製作図の整合を取っていく作業が大変になるという問題点も。
これは実際に経験した事がある方であれば分かると思いますが、本当に図面の枚数が膨大な量になってくるため、それぞれの図面を確認していくだけでも大変なんです。

そうした整合を確認していかないと後々大きな問題になりますから、まずは施工図を元にしてひとつずつ確認していくことが求められる訳です。
この確認作業は大変な業務ではありますが、図面がきちんとまとまっている状態になると施工は非常にスムーズに進めることが出来ます。

その為にはやはり大変でも図面の精度を高めていくしかありません。
こうした製作図は「施工図を素にして確認していく」というのがポイントで、製作図のベースとなるのは設計図でもありますが、基本的には施工図ということになるんです。

設計図をベースにして作図された施工図をベースにして製作図を作図していく、という、ちょっと面倒というか複雑な状況になってくる訳です。
そうした流れがあるため、施工図の精度があまり良くない状態で製作図をスタートしてしまうと、何を基準にして確認していけば良いのかが分からず苦労する事に。

製作図を開始する前の段階として、まずは施工図をきちんとまとめておく事が施工者としては重要になってくる訳です。

設計図 → 施工図 → 製作図

このような順番で図面は少しずつ細かくなっていき、それぞれの図面が整合された状態でまとまっていくというのが理想になります。
こうした調整を繰り返す事によって、実際に建物がどのような状態でできあがっていくかが具体的になっていきます。

具体的になればなる程、設計者や施工者の思惑取りになっていない部分が明確になってきたり、逆に思った通りになっていることが確認出来たりしますが…

工場で製作をかける為の図面というだけではなく、色々な問題点を確認・解決する為の図面としても、製作図は重要な位置付けの図面ということが言えます。
これらの膨大な枚数がある製作図を整合させてまとめていき、その内容を施工図にもタイムリーにフィードバックしていく事が、施工者の役割のひとつだと言えるでしょう。

関連記事

  1. 施工
  2. 進行
  3. 工程
  4. 契約
  5. 設計者のテクニック