• 建築学科を卒業して就職
    建築に関わる仕事に就くための王道

    建築に関する勉強をして、実際に建物をつくっていく仕事ということで、建築関連の仕事に関わっていく。そのためにはどうすれば良いのか? ということを考えると、まずは大学の建築学科に進学するという王道を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。ちょっと当たり前すぎる話をもう少し具体的に書くと、[...]

    続きを読む
  • メールの数はあまり多くなかった…
    メールのお礼と現状報告

    当サイト「建築の仕事と納まり詳細と」では、建物を構成する床・壁・天井そしてそれぞれの取合納まりについて色々と解説をしてきました。個人で運営しているサイトなので、解説している私自身の個人的な見解になっていて、少し偏っているかも知れませんが…それでも建築関連の仕事で長いことご飯を食べているプ[...]

    続きを読む
  • メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む

工場で製品を作ってくることの意味

前回までの話では、施工図をベースにして製作図を作図していく流れについて紹介をしましたが、今回は製作図を作図する意味について考えている事にします。
施工者が製作図を作成する理由としては、工場で製品を加工する為に細かい部分まで検討した図面が必要になる、という点が挙げられます。

これは製作図が必要になる理由であり、必要性とメリットとは少し話が違うものです。
ではメリットとして何があるのかを考えてみると、様々な部分の拡大図を作成することによって細かい納まりを検討することが出来る、という事になるかと思います。
これは建物の納まりを検討していく中で、かなり重要なメリットだと言えます。

設計図をベースにして施工図を作成する時にも、当然施工者側では細かい部分の納まりの検討をしながら施工図をまとめていくことになります。
しかし、施工図では表現することが出来ないような細かい部分では、部分的な拡大図として作図される製作図が大きな意味を持つことなる訳です。

検討

細かい部分まで表現された製作図によって、非常にきめ細かい検討をすることが可能になる、というのはやはり大きなメリットになってきます。
こうした製作図との調整によって、施工図と製作図は非常に現実味のある図面としてブラッシュアップされていく事になる訳です。

製作図は基本的に設計図と施工図をベースに作図されます。
とは言っても、製品を工場で製作するために作図する図面ですから、製品が成り立っていないような寸法関係の施工図になっていると結構困ってしまいます。

困るというだけではもちろん済まなくて、実現出来ない図面であればそもそもの作図条件となっている施工図から修正していくしかありません。
例えば、そもそもそんなに小さな場所には製品を入れられないとか、既製品を使用するような製品であれば、その規格から外れたサイズになっているとか。

そんな感じであまり製作図について意識されない施工図になっていると、製作図に合わせて施工図の大幅な修正が必要という状況に陥ってしまいます。
特に問題になるのが、鉄骨や鉄筋コンクリートなど、かなり早い段階で施工をする必要がある部分に絡んで納まらない場合です。

そうなると、現状の図面では納まっていないけれど既に施工済み、という非常に寂しい話になってしまうので注意が必要です。
こうして少しずつ施工図の精度を高めていく事になる、という話ではあるのですが、施工図のスタート地点のレベルが低いと、精度を高める作業自体が非常に大変なものになってしまう訳です。

施工の時期的な事を考えると、製作図は施工図よりも結構後のタイミングで作図される事になる場合がほとんどになります。
なので、あまりにも製作図による修正が多いとかなり大変ですし、そもそも成り立っていない施工図だったりすると根本的な見直しが必要になったりします。

そのような状況にならない為には、施工図を作図する人の知識を、ある程度製作図レベルの納まりを知っているというレベルに高めておく必要があります。
製品の細かい特徴はメーカーによって違ったりするので、そこまで詳しく知っておかなくても構いませんが、基本的な部分はある程度押さえている施工図になっているのが望ましいです。

ベースとなる施工図がいまひとつの状態だと、それをベースに作図される製作図のレベルもあまり高くない状態からスタートすることになります。

施工図ではこのような寸法で作図さあれていますが、実際にはこうしないと出来ません…

というような確認事項がたくさん記入された製作図からスタートすると、その後の調整が大変になってくるので先が思いやられます。
そうならない為にも、まずは施工図の精度をある程度高めておく必要があるのですが、そのあたりの話は次回に再度取り上げることにします。

関連記事

  1. 施工
  2. 工事の仕分け
  3. 検討
  4. 仕事が山積み