• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

実施設計で作図する図面-3

実施設計で意匠設計者が作図する図面の種類について今まで説明してきましたが、今回紹介する図面で最後になります。
ちょっと説明が長くなっていますが、あと少しだけおつきあいください。

○建具詳細図

建具表によってそれぞれの建具の細かい仕様は表現されますが、スペースの問題で詳細について図面的な表現をしていくのは難しいものがあります。
建具表はあくまでもリスト形式の図面になるので、細かい部分を図面で表現するのはなかなか難しいものがあるんです。

そこで、建具断面などの細かい部分については、建具表とは別に建具詳細図としてもう少し細かく表現していくことになります。
そうした図面を建具詳細図と呼びます。

建具についての細かい図面である建具詳細図というのは、大抵の場合建具メーカーが設計協力して作図していることが多いです。
そうなると建具メーカーが作成しているリアルな図面が使用されることになり、図面としてはかなり詳細まで表現されることになります。

建具と鉄骨

○部分詳細図

建具以外にも建物には色々細かい部分がありますが、そうした部分をどのような納まりにしたいのか、という設計者の意図はこの部分詳細図で表現していくことになります。
ただ、詳細図をひとつひとつ新たに作り込んでいくには膨大な時間がかかるため、基本的な詳細図のストックがあって、そこからそのプロジェクトに適した詳細を選んでいくことも多いです。

以前から使われている詳細図なので実績もありますし、うまくいかなかった納まりは残りませんから、水準を超えたレベルの詳細には違いありませんが…
正直なところ、使い回し感は拭えません。

こうした詳細図を実績とともに積み重ねていることこそが、企業としての力というか技術力ということになるのだと思いますが。
場合によっては設計してる建物にマッチしない場合もあるので、単純に詳細図を使い回すだけではちょっと情報としては足りなくなる場合も多いです。

○外構図

建物のことだけを考えていると忘れてしまいがちですが、敷地内の建物をどのような環境にするかというのはかなり重要な要素です。
外部の通路をどのような仕上にするのか、どのような樹木を植えていくのかなどによって、建物の雰囲気は驚くほど変わるもの。

なので、建物の外観を意識する上で外構工事は欠かす事が出来ない要素になるんどえすが。、そうした建物の外側に関する計画は外構図に表現していくことになります。
外部は基本的に水をためておく訳にはいかない為、床レベルに必ず勾配が付く事になり、そのレベル調整も外構図では表現していきます。

勾配が1/100だから10m進んで10cmの高低差が必要で…という検討は結構大変なのですが、これをやっておかないと後で大変な目に遭うはずです。

…と、実施設計段階で作図する主な図面はこんな感じになります。

実施設計段階で作成する図面は設計する企業によって違いますし、設計している建物によっても少しずつ違ってくるものです。
なので、ここで「実施設計段階では必ずこの図面を用意します」という断言をするのは結構難しいものがあります。

とは言っても、建物の種類によって作図する図面が全く違ってくるという訳ではありませんし、実施設計の主旨を考えれば方向性も何となく見えてはきます。
基本設計段階で決めたプランをさらに細かく表現して、どのような建物を造るのかを施主や施工者にはっきりと伝える、というのが実施設計でやるべき業務です。

その為に必要な図面がどのようなものになるのかは、確かに建物によって少しずつ違いますけど、詳細を表現していくという目的があれば必要な図面は自ずと分かってきます。
そうした目的で作成される図面が、色々考えていくと先ほど挙げた図面になって、それが一般的な実施設計図で作成する図面と呼ばれるという感じではないかと思います。

関連記事

  1. 水栓
  2. プラン検討
  3. 照明設備
  4. 天井内レイアウト
  5. 意匠デザイン
  6. 施工段階