• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

電気設備の種類は色々ある

前回は電気設計の業務について簡単に説明をしてみましたが、電気設備の設計をするのが電気設計になります、という話ではいまひとつ具体性に欠けます。
もう少し具体的な説明をすることによって、電気設計の業務をイメージしやすくするように、という事で今回は電気設備の説明を続けていきます。

最も分かりやすい電気設備として照明設備を前回は挙げましたが、もちろん電気設備=照明設備というような単純な話ではありません。
照明設備以外にも様々な電気設備があるので、全体をさらっと説明してみることにします。

学校や商業施設など、建物の種類によっては館内にいる人全員に何らかのお知らせをする必要があって、そうした場合には放送設備でスピーカーやマイクなどの計画していく必要があります。
どこにスピーカーを配置するかによって情報の伝わり方が違ってくるので、配置する部屋と配置しない部屋の区分も検討していく事が求められます。

建物内でテレビを視聴する為にはテレビ共聴設備によるテレビ端子が必要になりますし、建物内で電話を利用したい場合には、電話設備によるジャックを用意しておく必要もあります。
また、今ではネット接続環境がないと仕事にならないかと思いますが、そうした環境を整える為にはLAN設備を整えておく必要があります。

建物のセキュリティを守る為の監視カメラや不審者が侵入した際の警報など、最近は建物の防犯設備に力を入れる場合も多いです。
建物が全館停電になってしまった際にも最低限の照明が点灯するように、非常照明設備の計画をしておく必要もあります。

避雷針

建物の規模や階数ある程度大きい場合には、落雷時に電気を地面に流す為の避雷針設備なども必要になり、それも電気設備に入ります。
前回も少し触れましたが、外部から電源を引き込んで建物全体に巡らせていき、コンセントを配置して様々な部分で電源を利用できるようにしておく事も求められます。

あとは非常時の発電機など、かなり大がかりな電気設備もあります。
こうした大きな機器の場合には、機器の搬入や更新が出来るかどうかなどの計画をしていく必要もあって、建築工事との調整をしながら電気設計でも検討をしていきます。

このように、電気設備という括りの中でも様々な種類の設備があって、電気設計者はすべての電気設備について計画を進めていく事になります。
電気が通っていないと建物はほとんどの機能を失ってしまうので、電気設備がどれだけ重要な役割を担っているかは何となくイメージ出来るのではないかと思います。

また、電気設備の計画以外で、建築工事でも電気というか電源が必要になる場面があり、その為に電気設備で電源を計画しておく場合もあります。

建物に万が一火災が発生した場合、火災が隣の区域に燃え移らないようにという目的で、建築工事ではありますがシャッターの設置が計画されます。
シャッターを上げ下げする動力として人の力、つまり手動で計画しても大丈夫なのですが、それではやはり大変なので電気の力を利用する場合が多いです。
そうなると、建物の計画段階で電源をシャッターに供給しておくことを考えておく事に。

また、建物の出入り口などで多く採用される自動ドアも建築工事ではありますが、これは間違いなく電気の力で動いています。
シャッターはどうしてもという場合は手動でも大丈夫なのですが、自動ドアを手動という訳にはいかないので、これは間違いなく電源の供給を計画しておく必要があります。

こうした色々な電気関係について統括して検討・調整していくのが電気設計の役割になります。
建築工事との調整も当然ありますけれど、衛生設備や空調設備との調整も諸々あり、様々な調整を繰り返しながら設計を進めていくという感じです。

電気設備が建築と関係してくる部分は色々ありますが、一番分かりやすい例を挙げると、部屋に入る扉のすぐ横に照明のスイッチを設置することかも知れません。
その隣には空調機のスイッチがあって…などの細かい調整をしていくのは施工者の役割になりますが、色々な設備の調整が必要である事は間違いありません。

関連記事

  1. エアコン
  2. プラン検討
  3. 図面
  4. 建物つくり
  5. 承認
  6. ダクトのイメージ