• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

建物の維持管理に移って

建物が竣工引き渡しを迎えたあたりで、施工者は建物の最終形をまとめた図面である「竣工図」をまとめる作業に入ります。
施工者側で図面を編集する役割を担っているのは施工図を作図する方ですから、竣工図もやはり施工図を担当してる方が修正する事になる場合がほとんどです。

施工者が作成する図面は主に施工図になるのですが、施工図はその図面をベースにして建物を造っていくという役割をになっています。
しかし竣工図はその考え方とは全く逆になっていて、既に出来上がっている建物に合わせて図面を修正していくことに。

感覚としては全然正反対なので、いつも施工図を作図している方にとっては、竣工図というのはそこまで意味がある図面だと思えないかも知れません。
最終的な建物の形状は施工図にも表現されていて、それを自分たちでまとめている訳ですから、施工図さえあれば竣工図など必要ないという思いもあるのかも知れません。

とは言え正式な書類として竣工図が存在しない訳にはいきませんので、結構膨大な量の設計図を地道に修正していく事になります。
こうして施工者は建物の竣工引き渡し前後でこうした作業をしていく事になりますが、この時期の施主は恐らく施工者よりも忙しいかも知れません。

建物がようやく竣工して引き渡しが完了したあとは、それぞれの建物の用途に沿ったかたちで運用を開始していくことになります。
その建物が病院であれば病院のオープン、学校であれば新学期の開始など、建物のオープンに向けて様々な準備をしていく訳です。

建物の竣工

設計者も施工者も建物を引き渡した段階で役目がほぼ終わりになりますけれど、あとは施工者側として竣工後の対応が少し残っている感じです。
そうした対応などの為に、建物が竣工した後でも少しのメンバーが残って、施主からの要望に応える為に動いている場合が多いです。

実際に建物を使ってみたら「やっぱりこうしておいて欲しかった」というような細かい要望が、特に鍵の使い方とかスイッチの位置などの細かい部分で出てくるものです。
そうした後からの要望が出ないようにという目的で図面は存在しているのですが、そうはいっても実際に使ってみないと分からないことが多いのも事実です。

スイッチの位置など建物の使い勝手的なレイアウトというのは、工事が進められていく中で「総合図」というかたちで打合せが進められていくことになります。
手戻りがないようにという目的があるので、図面で最終確認をとった後で工事を進めることになるのですけど…

やはり実際に使ってみないと実感できない部分というのはどうしても出てくるものです。

そうした竣工後の要望については、簡単なものであれば対応しますし、対応が大変であっても使い勝手に致命的な部分であれば手直しをすることになります。
というような微調整をしていく中で、建物の運用も少しずつ軌道に乗っていきます。

あとは建物を運用していく中で、部屋の仕様用途を変える事による変更が出たりします。
倉庫を事務室に変更することになりエアコンが必要になったとか、照明をもう少し多くしたいとか、間仕切を移動したいなどの変更ですが…
こうした大きい話は新築工事での対応ではなく、その後の改修工事での対応になっていきます。

建物の単価は通常買い物するよりもはるかに高額ですから、施主に対するアフターサービスも出来る限りの事をやるように動く訳です。
特に建物は出来上がっているものを見て購入する訳ではなく、お金を支払う事を決めた後で出来上がるものですから、出来るだけ要望に応えようと考えるのは当然でしょう。

関連記事

  1. 図面作図
  2. 自宅と家具
  3. 検査
  4. 建築
  5. 見積
  6. 竣工図