• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ゼネコンの業務について考える

ゼネコンがそれぞれの工事を細分化して専門業者に発注する際には、複数の企業に同時に見積もり依頼をかける「相見積もり」という手段をとることが多いです。
そうした専門工事の企業を選定して発注していく際には、ゼネコン側にも大きなリスクがあるので、企業の選定は慎重に進める必要があります。

というような話を前回は取り上げました。

工事全体を請け負っているゼネコンは、仮に専門工事を発注している企業が倒産した場合でも「専門工事を発注している企業が倒産してしまったので工程が遅れます」とは言えません。
そうした困った状況にならない為にも、見積もりの金額だけではなく、企業の規模や技術力などもきちんと把握しておく必要がある、という話でした。

結局最終的な責任はゼネコンが負う事になる。
これは施主から工事一式を請負っている事から考えると当たり前の話なので、専門企業の選定は慎重にやっていくことが求められます。

ただ、こうした「ゼネコンは実際の工事をやらなくて、全ての工事を下請け企業に発注していく」というスタイルを見て違和感を感じる方もいるのではないでしょうか。
単純にゼネコンがそれぞれの企業に工事を丸投げして、中間マージンだけを抜いているだけではないか、という感じに見えてしまうかも知れません。

また、ゼネコンという企業のスタイルが通用するのは日本だけで、海外ではこのような業務は存在しないのに、なぜ日本では当たり前のように存在しているのか。
というような感じでゼネコンに対して否定的な意見も結構あったりします。

しかしゼネコンが受け持っている業務はそんなに単純なものではありません。
そんなに単純な業務であればとうの昔に企業として淘汰されているはずですが、実際にはそうなっていない事だけを見てもその意見が間違っていることが分かると思います。

建物を建てるというスケールの大きなプロジェクトの中で、全体を見る役割はどうしても必要になってくる、という状況の中でゼネコンは成長・発展してきました。
もちろんゼネコンが工事を細分化していき、それぞれの工事を専門企業に発注する事は事実ですが、その後はもう何も仕事をやらないという訳ではありません。

01021-01

それだけの業務であれば確かに楽なのですが、実際にはそれぞれの工事をどのような流れで進めれば良いかという工程的な話とか、細かい寸法的な部分はゼネコンが指示を出すことになります。
これが非常に大変というか、工事全般を見ているゼネコンにしか出来ない仕事で、そこがしっかりしていないと工事は全然進まないことになります。

ここで鉄骨工事を例に挙げてゼネコンの役割を考えてみると…

ゼネコンは鉄骨を製造する工場を自社で持っている訳ではなく、鉄骨を専門とする企業をたくさん取引先として持っているのが普通です。
建築工事を請け負った後で、相見積もりによって鉄骨工事を専門とする企業を選定していき、最終的には見積金額や企業の規模などを見て工事を発注することになります。

その事実だけをみると、全体を請け負った後で利益を抜いた後で下請けに丸投げみたいなイメージがあるかも知れませんけど、もちろんそんな事はありません。
ゼネコンから鉄骨工事を専門とする企業に仕事を発注するからと言って、それがそのまま「鉄骨工事の技術がない」という事になるはずはないですよね。

実際にはゼネコンもそれらの話は全然逆で、鉄骨に関する深い知識があるからこそ鉄骨の製作を外部に発注することが出来るんです。
このあたりの具体的な話は次回にもう少し詳しく考えてみることにしますが…
ゼネコンが工事を細分化して発注する業務しかしていない訳ではない、という事を今回は伝えておこうと思います。

関連記事

  1. 建築
  2. ショッピングモール
  3. 設計者
  4. 時間制限
  5. 建物