• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

アイソメを作図する前の準備

建物の完成形がどのような感じになるのかを説明する為のパースは、設計者にとっても施工者にとっても非常に重要な資料になります。
しかし、場所によってはパースを用意していない部分も数多くあって、そうした部分について説明するには手描きのアイソメがお勧めです。

…というような話を前回は紹介しました。

図面を作図するツールであるCADを使わず、さっと作図するアイソメには、自分の手で簡単に、しかも時間をかけず作図ができるというメリットがあります。
手描きにもCADにもそれぞれ良いところがあって、それを適切に使い分けていけるのがプロのスキルになる訳ですが、こうしたスケッチは圧倒的に手描きの方が早いです。

自分が「この部分の納まりを表現したい」という部分だけを抜き出してスケッチを作図する事によって、非常にシンプルに自分の思いを相手に伝える事が出来ます。
また、そうしたスケッチを打ち合わせの場で、自分で説明をしながら描くことによって、打ち合わせの内容がさらに濃いものになっていくことに。

アイソメを手描きで作図するのは簡単ですが、それによって得られるメリットはかなり大きいので、ぜひともアイソメの作図を覚えておきたいところです。
という事で、今回は手描きである程度簡単に作図をすることが出来るアイソメの作図について色々な説明をしていこうと思います。

ただ、ここで説明するアイソメの描き方は、あくまでも建築の納まりを検討する際に、簡単に作図する事が出来るスケッチレベルのアイソメです。
正式な描き方とは言えないかも知れませんが、納まりの関係を自分で確認したり相手に伝達する為の図面としては、これで充分ではないかと私は思っています。

まずアイソメを作図するには、X・Y・Z方向の基準となるラインを決めておく必要があります。
先ほどの図面で言えば、下図のラインがそれぞれの基準ラインという感じです。

30°の基準ライン

通常のアイソメであれば、全周360°を3分割した120°のラインを引いて、そこに平行な図面を描いていく事になります。
斜めのラインとしては30°の位置と150°の位置にあるラインになる訳ですが…簡単な手描きのスケッチであれば、それほど角度にはこだわらなくても良いと思います。

30°と150°のラインでアイソメを作図してみると、ちょっと上の方から見ているような角度で図形が表現される事になります。
もちろんこれでも問題なくイメージを伝えることは出来ますが、もう少し角度が緩い方が色々な表現がやりやすくなる場合もあります。

具体的には15°と165°程度のラインです。

15°の基準ライン

少し斜めのラインを寝かせた方が良い場合もあるので、120°で3分割する事にこだわる事なく、ある程度自由に斜めのラインを決めてしまう方が良いと思います。
もちろん手描きで作図をする場合には、きっちりと決まった角度で線が引ける訳ではないので、かなり適当な斜めラインになってしまうとは思いますが…

その際には、あまり厳密な角度にこだわるのではなく、スピード感を持ってどんどん作図していく方が、結局は上手くいく事が多いのではないかと思います。
こうして基準の角度をある程度決めたら、あとはその角度以外の線を引かないように気をつけつつ出隅や入隅などを表現していく事になります。

自分がどこから建物の一部を見ているかを考えて、さらにどのような状態を表現したいのかを意識してアイソメを描いていく訳ですが…
具体的な作図の手順などについては、次回にもう少し詳しく説明をしていく事にします。

関連記事

  1. 自分の頭の中に全てあるつもりでも…
  2. 下地の検討が最も重要になる
  3. アイソメの一例
  4. クリアランス=隙間
  5. 天井段差の表現
  6. とにかく作図していく事が大事