• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

RC打放し壁と床タイル他取合い

コンクリート打放し仕上の壁に対して巾木をどう考えるか、という話を前回から取り上げてきましたが、少し話が長くなってしまいました。
意匠的に見せる壁の場合は床仕上材によって微妙に変わってくる事になり、床仕上材が石の場合の納まりについて前回は紹介しましたが、今回はその続きから。

床仕上材がタイルの場合にどのような納まりとなるか、という話から今回は検討を始めてみることにしましょう。

壁打放しコンクリート+床タイル取合い納まり

床仕上材がタイルの場合でも、基本的には床仕上材が石の場合とほぼ変わらない納まりになり、床タイルとコンクリート壁との取合いはシール納まりになります。
無理に巾木を設けて納めるよりも、化粧で見せるコンクリートの壁をそのまま下ろしていった方が美しく仕上がるはずです。

壁打放しコンクリート+床タイル巾木タイル納まり

上図は床仕上材をタイルとし、巾木もタイルにするという考え方ですが…

このような考え方も成り立ちはしますが、見た目を考えた時にあまり良くない状態になるので、こちらも石巾木と同様あまりお勧めは出来ません。
これはあえて例に出してみたものの、私は一度もこうした納まりの経験がありません。
これはちょっと使いどころが難しいですよね。

次に床仕上材がフローリングの場合。

床仕上材がフローリングの場合、木の伸縮を吸収するための緩衝材が必要なので、その分だけ壁と床仕上材との取合い部分をあけておく必要があります。
壁仕上材が何らかの材料を貼っていくタイプであれば、床勝ち納まりにして緩衝材を隠すことが可能になるのですが、この場合は床勝ち納まりが難しいです。

壁打放しコンクリート+床フローリング納まり例

そうすると自動的に上図のような納まりとなりますが、フローリングの切り口がそれほど綺麗に見える訳ではないので、納まりとしては苦しいものがあります。
そこに緩衝材として黒っぽいゴムが入る事になるので、ちょっと見た目としては洗練された感じにはなりにくい関係と言えるかも知れません。

床フローリング+壁勝ち納まり

このような現状を踏まえて検討をしていくと、上図のような感じで無理矢理床勝ち納まりにしたくなってくるのですが…
この納まりは欠き込みの下端ラインが綺麗に通るかどうかなど、施工精度を考えるとかなり苦しい納まりになっています。

図面だけを見ると良い感じなんですけどね…

壁がコンクリート打放し仕上で、床仕上材がビニル床タイルの場合も考えられますが、この場合は巾木ありにするかどうかで少し悩んでしまいます。
納まりとしては巾木なしでも問題はないのですが、ビニル床タイルがコンクリート壁にぶつかる部分をどう納めるかが難しいところ。

壁打放しコンクリート+ビニル床タイル納まり

理想的には上図のような関係になるのが正解だと思うのですが、これを実現する為にはビニル床タイルの端部を綺麗にカットしていく必要があります。
図面ではそれが簡単に表現できるのですが、現実は少しずれたりする事も。

そうなるとコンクリート壁との隙間が斜めに見えたりする可能性もあって、その結果綺麗に納まらない可能性も結構あります。

壁打放しコンクリート+ビニル床タイル+塩ビ巾木納まり

そのあたりを考えると、上図のようにソフト巾木を取り付けることも選択肢としてはありますが、これも納まりとしてはあまり綺麗ではないんですよね。
どちらかというと、巾木なし納まりの方が良いとは思いますが、そのあたりの判断は意匠設計者と施工者とで調整が必要になるかも知れません。

コンクリート打放し仕上壁で巾木をどのように納めるのか、という話はこのあたりで終わりにしておくことにしますが、色々な納まりパターンがあったかと思います。
中には納まりが微妙な感じになってしまう場合もあるので、まずは壁をどう見せたいのかを事前にきちんと考えておくことが重要になってきます。

それが曖昧な感じになっていると、結果として納まった、というような感じで納まってくことになるので、それが意匠設計者の狙い通りかどうかは分からない状態に。
それでは建物の見た目として良いはずはないので、まずはどのように見せたいかの方針があって、その為にどのような納まりになるか、という順番で検討を進めていくことをお勧めします。

関連記事

  1. 知識を積み上げていく事が重要
  2. バランス感覚が重要
  3. ビニル巾木のカタログ
  4. まとめ
  5. 床長尺塩ビシート立ち上がり巾木の納まり例
  6. 出巾木の出寸法を調整した納まり例