• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

遮音性能が必要な間仕切りについて

前回は入巾木納まりの問題点として、LGS+石膏ボードの耐火間仕切で入巾木納まりを採用した場合、耐火間仕切を構成する石膏ボードを切り欠くことが出来ない、という話をしました。
そうなると当然石膏ボードを1枚増し貼りしていくしかないので、結果的に石膏ボードの数量が増えてしまい、コスト的には結構不利とも言える状況になってしまいます。

耐火壁+入巾木の納まり例

ただ、耐火間仕切を欠損させないように考えていくと、上図のような納まりを選択するしかなくなるので、ちょっと石膏ボードの数量が増えてしまう事になります。
納まりとしては細かい話と思われるかも知れませんが、壁面全体に石膏ボードをもう一枚貼っていく事になるので、数量としてはかなりの量になってしまいます。

もちろんこうした石膏ボードの数量よりも、耐火間仕切の納まりを優先させて考えるのは当然のことなので、上図の納まりが悪いという話ではありません。
そうではなくて、それならば入巾木の納まりをやめて出巾木にしても良いか、などの検討も出来るのではないか、という話です。

意匠的に「ここは仕方がない」という場所では、それは耐火間仕切の性能を重視した結果として、石膏ボードを増し貼りをするしかありません。
しかし、例えばスタッフが利用する廊下などであれば、そこまで入巾木にはこだわらなくて良いか、というメリハリをきかせた検討をした方が良いと私は思います。

出巾木と入巾木の見え方は確かに少し違いますが、そこまでして出巾木納まりを嫌がる程の違いではないはず、という考え方ですね。
こうした増し貼りが必要などの考え方は、耐火間仕切だけではなく、遮音性能が求められる間仕切でも同じような話が出てくる事になります。

例えば一定の遮音性能を持った間仕切で部屋を囲っているスタジオなどでは、意匠的な判断で足元の石膏ボードを勝手に切り欠くことは出来ないはずです。
耐火間仕切と同様に、遮音性能を持った間仕切というのは、床コンクリートと上階の床コンクリートの間を指定した石膏ボードでふさぐ事で性能を発揮するものですから。

ただ、耐火性能が必要な間仕切と遮音性能が必要な間仕切とで決定的に違うのは、法的な縛りがあるかどうかという話です。
耐火間仕切は「防火区画」という決まりが建築基準法で定められているので、それを無視することは出来ないとう話があります。

しかし遮音間仕切はあくまでも部屋として遮音性能が必要だという話であって、建築基準法で定められている訳ではありません。
この違いがあるので、最悪の場合は遮音性能が必要なLGS+石膏ボードの壁に切り欠きを入れても、法的には問題ないという話が成り立ちます。

ただし…

もちろん遮音性能が下がる結果になるのは間違いないので、建物として満たしたい性能を減らしてしまうことになる訳です。
なので、建築基準法で定められていないだけの話であって、建物として必要とする性能があるのですから、やはり遮音性能を持っている間仕切りも切り欠きをしない方が良いです。

結局は同じ話になるという事でした。

ちなみに、石膏ボードを増し貼りする事になると、鋼製建具の枠見込みも地味に変わってくることになる、という絡みがあるのを忘れない方が良いです。
こうした事情があるので、検討が足りずに急遽石膏ボードを増し貼りすることになった、という事をやってしまうと、色々と納まらない話が続出してしまいます。

後からボードを追加すると納まらない

このあたりは地味な話ではありますが、間違えると収拾が付かない状態になってしまうので、出来るだけ早めにこうした方針を決めておくことをお勧めします。
床と壁の取り合いという事で検討を進めていくと、こうして壁の厚さまで変えなければならない場合がある、というのは結構怖い話でもあります。

このあたりは納まりの調整としては簡単な部類に入るはずなので、知識として知っているだけで割とスムーズに対処することが出来ます。
なので、まずは断面の納まりと耐火間仕切・遮音間仕切の考え方について、人に説明が出来るくらいの知識を持っておく事をお勧めします。

関連記事

  1. ビニル巾木のイメージ
  2. 知識を積み上げていく事が重要
  3. 外壁タイル勝ち納まり
  4. 出巾木の出寸法を調整した納まり例
  5. 巾木の一例
  6. 入巾木部分のアイソメ