• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

石巾木の特徴と納まり

巾木の種類にはどのようなものがあるのか、という話題の中で、巾木の納まりには大きく分けて二種類あるという話を前回は取り上げました。

・石巾木

・木製巾木

・タイル巾木

・床材立上げ

・金属製巾木

・ビニル巾木

仕上材として巾木の材質には上記のような選択肢があるのですが、大まかな区分としては「厚みがどの程度あるのか」という事になります。
石や木やタイルのようにある程度厚みのある仕上材と、金属製巾木やビニル巾木のようにそれ程厚みがない仕上材があります。

それらを壁面に対してどのように納めるのか、という部分を考えていく事が納まり検討では重要になってきます。
納まりのパターンは幾つかあるので、それぞれの巾木仕上について順番に説明をしていく事にして、今回は石巾木の納まりとその特徴について説明をしていくことにします。

巾木の材質を石にしたい場合というのは、ほぼ間違いなく床仕上材で石を選定している場合ではないかと思います。
床をタイルにしている場合には巾木も石ではなくタイルになるし、床フローリングの場合でもやはり石巾木は少し変なので、結局は床が石の場合に石巾木という感じになります。

壁がLSG+石膏ボードの壁という前提で話をすると、石巾木の具体的な納まりはこのような感じになります。

石巾木の納まり例

石は厚みのある仕上材なので、上図のように壁面としての石膏ボードより巾木面が大きく出てしまうことになります。
そうした納まりは意匠的に避けたい、という話になるのであれば、石膏ボードを1枚切り欠いてそこに石巾木を納める事も可能で、納まりとしてはこの方が美しいです。

石膏ボードを切り欠いて石巾木を納めた例

石種は一般的には床と同じにすることが多いですね。

ただ、床を石張りにするグレードの場所であれば、壁も石張りになっている場合が結構あるので、その場合は巾木を設けない納まりにした方が良いです。
壁が石張りの場合は下図のような納まりになるので、見た目的にも機能的にも巾木が必要はならないので、壁の石を大きく見せる為に巾木をなくしておく、という考え方ですね。

壁が石の場合でも巾木が石の場合でも、一般的には床の石張りとの関係は、壁もしくは巾木が勝つ納まりになります。
「勝ち負け」という表現は建築の納まりで良く出てくる言葉ですが、壁と巾木が床に対して勝つ、というのは先ほど紹介した図面の状態で、床が勝つ場合は以下のような納まりになります。

床勝ち納まりの例

頑張れば壁や巾木に対して床を飲み込ませる納まりも出来るのですが、そこで頑張るメリットはあまりないので、一般的には巾木が床に対して勝つ納まりになる場合がほとんどだと思います。
床に石を張っていくのは、工程としては最後の方になるので、どうしても壁や巾木を先に施工して、それに対して床仕上材を止める納まりの方が都合が良いんです。

それで見た目が悪い状態にはなりませんので。

巾木とは言っても石ですから目地はどうしても必要になってきますが、巾木の目地割り当然床と合わせていくのが基本になります。
ただ、施工者の感覚をここで書いてしまうと、床と壁の目地を合わせるというのは意匠的には良いけれど本当は避けたいと言うのが本音です。

床と巾木の目地を合わせようとしても、施工精度が悪い場合にはどうしても合わなくなることがあるので、そうなると「ちょっとだけずれている」状態になってしまます。
そうなると見た目が非常に悪くなってしまうので、ずれが目立たないように目地を「またぎ」にしておきたいと考えるのが施工者です。

しかし床の石も巾木の石も、かなり高い精度で施工をすることが出来るはずなので、石であれば床と巾木の目地を合わせることに問題はないと思います。

石巾木の特徴や具体的な納まりと注意点についてはこんな感じですね。
次回は引き続き巾木についての話という事で、木製巾木の納まりなどについて話を進めていくことにします。

関連記事

  1. 知識を積み上げていく事が重要
  2. 床フローリング+木製巾木の納まり
  3. 石巾木の納まり例
  4. 入巾木の納まりイメージ
  5. 出巾木の出寸法を調整した納まり例
  6. 後からボードを追加すると納まらない