• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

決定スケジュールの管理について

様々な部分の仕上材について、どのような製品を採用するのかを決定するのは設計者の業務で、それによって建物がどのように見えてくるかが大きく変わってきます。
だからこそ意匠設計者が色々頭を悩ませることになり、最終的には建物の仕上をトータルで考えている意匠設計者の腕の見せどころ、という感じになってくる訳です。

こうした仕上材の選定作業をしていく中でいつも思うのが、やはり意匠設計者は建物を美しく見せるプロだなということ。
施工者の立場として色々な意見をする場合もありますが、それはあくまでも納まりという観点からの意見なんですよね。

もちろん施工者としても最大限建物の見え方に気を遣っているのですが、納まりや施工の手間などを意識せざるを得ないので、意匠が最優先にはなりにくいんです。
最終的に統一感のある見せ方をする事や、ある程度手間がかかるけれどこうした見せ方にしたいなどの意見は、やはり意匠設計者による場合が多いです。

そうした要望によって、最終的には建物の見た目が美しくなるのだと思います。

色々な検討により建物は美しく仕上がる

また、前回も少し取り上げましたが、仕上材の色や柄などが違う事によって、仕上材自体のサイズが変わってくる場合が結構あります。
そのような仕上材がある場合には、該当する仕上材の色が決まらない限り、納まりや割付の考え方が決定してこないという問題があります。

それらの納まりによっては、鉄筋コンクリートや鉄骨など、早い段階で施工を進めるものに影響する可能性も結構あるはずです。
一度打設したコンクリートを壊すなどの手戻りをなくす為には、やはり出来るだけ早めに仕上材の選定を進めていくのが理想的な流れになってくるでしょう。

最も理想的な話をすると、工事の初期段階ですべての仕上材が決まっているという状態がベストである事は間違いありません。
しかし現実を考えると、そのようなタイミングですべての仕上材や色までもが決まっているというのは、やはり相当難しいというか不可能に近いと思います。

物事には当然優先順位がありますから、例えば壁の塗装色を検討して決めるよりも前に、外壁のアルミ建具納まり方針を決める方が優先という事になります。
そうした色々な検討項目の種類やボリュームを考えると、すべての仕上材について色や製品が施工の序盤に決まるというのがいかに難しいかが分かってきます。

なので、そうした理想的だけど現実とはかけ離れた話をするのではなく、出来るだけ現実的なやり方で仕事を進めていくしかありません。
現実的な考え方で仕上材の決定スケジュールを考えていくと、まずは鉄筋コンクリートや鉄骨などに絡む部分を先に決める必要性がある事が分かってきます。

例えばタイルの品番を決めておき、選定された品番にあわせてタイルの割付けを決定して、その結果として鉄筋コンクリート壁の開口が決まるとか。
タイルのサイズによってアルミ建具廻りの抱き納まりが決まり、それによって鉄筋コンクリート開口部の欠き込み形状が決まるとか。

工事の序盤にある程度施工が進んでしまう部分では、先に仕上材の選定を済ませておき、それを踏まえて納まりを確定しておく必要があります。
こうした鉄筋コンクリートや鉄骨など、先に施工していく部分に絡む仕上材をまずは先行して決めていく事が重要になってきます。

そうした作業を円滑に進めるには、施工者が「どの仕上材を先に決定したいか」を明確にしておき、仕上材の選定期日の要望を出す、という作業が必要になってきます。
決定する項目はかなりのボリュームになりますから、それらの項目に優先順位をつけていき、そのスケジュールに合わせて作業を進めていく事が求められる訳です。

施工者としては、工事を円滑に進める為に、このようなスケジュールを綿密に組んでいき、設計者に決定のタイミングを早めて貰う事が重要になってきます。

関連記事

  1. 文章で説明くらいの距離感
  2. 外壁を金属パネルにした例
  3. 3DCADでの表現例
  4. ポイントを押さえておく
  5. 現場の経験とCADの経験は同時には難しい
  6. パースの一例