• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

図面で検討を進める場合の問題点

構造体と仕上材や下地材との関係、設備との関係などの納まりを検討しておかないと、現実としてどのような事になるのか。
一度造ったものを壊すなどちょっと残念な状況になってしまうよう内容でしたが、前回はそのあたりについて考えてみました。

結局は現物を見て「ダメだったか…」となって調整するのであれば、事前に問題があるかどうかを確認しておいた方がスムーズに進む。
これが図面上で事前に検討を進める大きな理由です。

結局は調整することになるのなら、施工前の方がコスト的にも有利だし、選択肢も多いので建物にとっては良い事ばかりです。
そう言った意味では、最初に手間がかかってしまうというデメリットはありますが、事前に各所の検討をしておくのは非常に重要な作業になります。

図面上で納まりを検討するのは、実際に建物を作ってしまう前にそれぞれの関係性を確認をしておくという目的があります。
図面上ではなく現物で納まっていない事を確認すると、後でそれを壊したり造り直したりなどの手間とコストがかかり大変、というのがその理由です。

構造体と仕上との関係や仕上と設備との関係など、納まっていない状態になっている部分では、現物を見るとそれが一目瞭然で分かります。
しかし図面だと注意深く関係を調べていかないと、問題があるかどうかが分からなかったりする場合もあって、確認に手間がかかる場合が多いです。

現物は立体で見えてくるのに対して、図面はあくまでも平面情報でしかない。
この違いは非常に大きいので、図面での検討では気が付きにくい部分があって、それが実際には全然納まっていないという状態になる場合も結構あります。

平面図はあくまでも二次元情報でしかなくて、断面図を作図したとしてもそこに奥行きがある訳ではないので、やはり二次元情報なんですよね…
そうなると平面図と断面図を見比べつつ、頭の中で三次元情報を想像していく必要があるという事で、これがなかなか大変だったりします。

想像力を使って頭の中で納まりを組み立てていく。
これは実際にやってみると大変で、慣れないとなかなか上手くいかないし、あまりそうした作業に向いていない方だとずっと出来ない場合もあります。
これは頭が良いとか悪いとか、努力が足りないとかの話ではなく、単純にそうした作業に向いているかどうかという話なんですよね。

苦手な方がこうした仕事をするのは厳しいかも知れません。
ある程度はスケッチを併用して訓練していく事で何とかなりますが、苦手なものが少し大丈夫になるというニュアンスで、得意になるという話ではないですから。

3DCADでの表現例

三次元CADでの検討という選択肢も場合によっては考えられますが、建物全部の情報を三次元化するのは本当に大変で時間とお金がかかります。
しかも、いざ三次元CADに建物の情報を入力してみると、きちんと建物の関係を把握出来ていないと入力が難しいという事が分かります。

下図のような感じで、説明用のスケッチ的な使い方であれば重宝しますけどね。

天井を一部塗装にしたイメージ

でもこの程度であれば手描きでも全然問題ないので、わざわざ三次元CADでこうしたスケッチを描く機会はそれほど多くありません。

適当に入力した三次元CADでは検討することなど出来ないので、結局はそれぞれの関係性をきちんと把握した上で入力していく事に。
それならば部分的に抜き出して平面図に対して断面図を作成した方が良いのではないか、という考え方になったりします。

そんな状況なので、あまり三次元CADを活用する機会はなく、平面図と断面図とで検討をしていく事になる場合がほとんどだと思います。
現物を見て確認するよりも大変な作業にはなりますが、事前に確認する事に意味があるので、できる限り図面上で検討をしていく事をお勧めします。

関連記事

  1. アイソメの一例
  2. 下地の検討が最も重要になる
  3. 溶融亜鉛メッキ処理直後の状態
  4. クリアランスを意識した外壁まわり断面図
  5. 出隅役物タイルの納まり
  6. 自分の頭の中に全てあるつもりでも…