• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の記事一覧

S梁に孔あけ+鋼管取付の納まり

SRC梁のスリーブ納り

具体的なSRC梁のスリーブ納りですが、S造の場合やRC造の場合と違ってくるのが、鉄骨にも鉄筋コンクリートにも孔をあける必要があるという点です。 鉄骨と鉄筋コンクリートの両方に孔をあけるということは、つまりその両方に補強を入れておく必要がある、ということがまずはあります。 鉄骨部分に孔をあけてその補強をする納りを考えると、プレートを入れたり既製品の補強リングを入れたりすることになる訳ですが… こうし […]

続きを読む

階高を抑えて梁スリーブとした例

設備の理想が建物の理想とは限らない

前回は少し基本的な考え方を整理してみるという事で、建物にはなぜ設備のスリーブが必要になるのか、というあたりを考えてみました。 設備的には階高を高くすればスリーブが必要ない状態になって良いのですが、建物全体をトータルで考えるとそれは理想とは言えないという感じでした。 そうした考え方で設計を進めていくと、天井裏のスペースは設備が納まる必要最小限として、その結果をもとに階高を設定していく、という考え方に […]

続きを読む

設備の為に階高を大きくとった例

スリーブが必要になる理由

今まで色々と鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の納りについて解説をしてきましたが、細かい部分を含めて項目としては本当にたくさんありますよね。 こうした細かい項目がたくさんある訳ですけど、SRC造で鉄骨の納まりを検討する目的は何か? という事を考えてみると… 「孔あけなどを含めて工場で鉄骨の加工を進める為」 というような回答になるかと思います。 鉄骨を工場で製作するタイミングは、工事の工程を考えてい […]

続きを読む

SRC梁型枠と鋼製型枠の関係

床の型枠とSRC梁の関係

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建物では、構造体の中心に鉄骨が入っていて、その周囲に鉄筋コンクリートを配置していくことになります。 という表現は鉄骨を主体に考えた場合で、鉄筋コンクリートをメインで考えた際には、鉄筋コンクリート造の芯に鉄骨が入っているとも言えます。 関係性としてはどちらも同じ事を指していて、鉄筋コンクリート造と鉄骨が絡む部分で色々な検討が必要になってくる、という話がありました。 […]

続きを読む

S梁側に塞ぎプレートを設置した例

型枠が入りにくい部分の塞ぎ

SRC造の構造体から部分的にS造の構造体が出ている場合には、取り合ってくる部分に鉄骨側で型枠の受けを設けておく事も検討していく。 というような話を前回は取り上げて、図面で表現すると下図のような状況にならないようにする為に、鉄骨側で何らかの方策を考える必要があります。 こうした形状でSRC柱の型枠をつくっていった場合、鉄骨梁の上フランジと下フランジとの間にあるスペースには型枠が存在しないことに。 そ […]

続きを読む

S梁側からSRC柱を見た断面図

梁の形状と型枠の関係を考える

建築の様々な部分について納まりを検討していく際には、「これは押さえておかなければならない」というようなポイントがあります。 そのひとつには以下のようなものがあります。 何かが切り替わる部分の納まりをきちんと検討しておけば納まりは上手くいく。 これは構造的な検討であっても、仕上的な検討であってお同じで、一般的な部分よりも仕上などが切り替わる部分にフォーカスしていきましょう、という話です。 一般的な部 […]

続きを読む

梁下端増打ちと天井の関係

壁の配筋を納める為に考える事

SRC柱やSRC梁に対して、RCの壁を通り芯あわせで配置すると、壁の配筋がSRC柱や梁のフランジと干渉してしまう、という話を前回は取り上げました。 SRC梁の主筋であれば干渉しそうなフランジを避けることが出来ますが、壁の場合はフランジの巾と壁厚が同じ程度の場合もあるので、避けるのは難しいものです。 そうした場合には、鉄筋を曲げて納めることが出来るように、梁の下端を増し打ちする事も選択肢のひとつとし […]

続きを読む

梁下端増打ちにより納めた例

SRC造でのRC壁納まり

SRC造の建物では壁をRC造にする事が選択肢のひとつとしてあって、止水などの納まりを考えた時には、その選択肢がかなり現実的なものである事を前回は紹介しました。 どうせSRC柱の周囲には型枠を建てる事になるので、そのついでという訳ではありませんが、壁部分にも型枠を建てるのは別におかしな話ではありません。 工事の工程などを考えた時にも、柱と壁の型枠を一緒に作っていくことが出来るので、特殊な工程が増える […]

続きを読む

SRC造の孔あけ例

SRC柱・梁とRC壁との関係

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の納まりを検討していく中で、SRC柱とSRC梁との関係をきちんと整理していくのは非常に複雑で手間がかかるものです。 特にSRC柱・梁の主筋とそれぞれの鉄骨との関係については、お互いが干渉し合わないように細かい検討が必要になってきます。 と言っても鉄骨柱も鉄骨梁もフランジをかわすという選択肢しかない状況ではありますが、フランジを避けてどのように納めるのかを検討してい […]

続きを読む

SRC柱とSRC梁の関係

SRC柱のSRC梁との関係

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の納まりを検討する際には、特に鉄骨のフランジと鉄筋が干渉しないように見ていく必要があります。 SRC梁の主筋を通常のRC梁と同じように均等に配置していくと、どうしても鉄骨柱に取り合ってくる部分で鉄骨柱フランジと干渉してしまいます。 だからと言って鉄骨柱フランジに孔をあけることは構造的に出来ませんので、結果としてSRC梁の主筋が柱内に定着できない状態になり納まりませ […]

続きを読む