• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

鉄骨造(S造)の記事一覧

溶融亜鉛メッキ

鉄骨造(S造)のデメリット-3

今回も引き続き鉄骨造のデメリットについて考えていく事にします。 ○鉄骨は熱に弱いのでその対応が必要 鉄というのは、非常にざっくりと書いてしまうと、鉄鉱石とコークスを熱で溶かしたものをローラーで平らに(圧延)して造っていくものです。 そうした材料としての特徴があるものですから、鉄は熱にあまり強くないという、構造体としてはあまり好ましくない特徴を持っています。 構造体である鉄骨が熱に強くない状態だと、 […]

続きを読む

退屈な仕事?

鉄骨造(S造)のデメリット-2

鉄骨造は非常に優れた工法ではありますが、現実の業務を考えた時には、それなりにデメリットと言えそうな部分もあります。 前回はそのような内容の話をしましたので、今回からはもう少し具体的な内容を交えて説明をしていこうと考えています。 ・工場で製作をする為の事前準備が大変 ・鉄骨は熱に弱いのでその対応が必要 ・錆びる危険性があるため外部での使用には気を遣う 前回挙げた項目は上記ですが、今回はその最上部にあ […]

続きを読む

鉄骨造(S造)のデメリット-1

前回は鉄骨造(S造)を選定した場合のメリットにはどのようなものがあるのか、という点について色々と考えてみました。 鉄筋コンクリート造(RC造)と比較して鉄骨造(S造)はどうなのか、という話がほとんどという気もしますけど… 建物の構造体として用いられるのは、大きく分けて鉄骨か鉄筋コンクリートのいずれかになるので、比較してしまうのは自然なことだと思います。 建物の構造体を鉄骨造とした場合のメリットは、 […]

続きを読む

鉄骨まわりの作業

鉄骨造(S造)のメリット-2

今回は引き続き鉄骨造のメリットについて色々と考えていきます。 ○現場での作業を減らすことが出来る 現場とは離れた場所にある工場で鉄骨を製作すると言うことは、つまり建物を色々な場所で造っていくことが出来るという事を意味しています。 建物を工事していく建設現場のスペースには限りがありますから、現場で必ずしもやる必要がない作業については、別の場所でやった方が有利であることは間違いありません。 現場でやる […]

続きを読む

機械で作るメリット

鉄骨造(S造)のメリット-1

今まで色々と鉄骨造(S造)の納まり関連の話を取り上げてきましたが、基本的な話としては大体取り上げたのではないかと思います。 もちろん取り上げたのは基本的な部分だけですから、まだまだ鉄骨関連で覚えておいた方が良いことは色々あるのは間違いありません。 ただ、覚えておいた方が良い事が色々あったとしても、知識はまず基本的な部分を広く覚えていった方が効率が良いので、そこから深く進むよりも次に進んだ方が良いと […]

続きを読む

鉄骨スリーブのイメージ

鉄骨造の具体的なスリーブ形状

鉄骨造であっても鉄筋コンクリート造であっても、梁は基本的に天井裏に隠れることになってきて、設備配管やダクトの邪魔になることも同じです。 だから設備の納まり検討にもよりますが、梁にスリーブを入れて納めるという考え方も同じになる場合が多く、鉄骨梁にもスリーブが必要になる。 そんな話を前回は取り上げてきました。 建物は構造体と意匠的な要素だけではなく、当然設備的な要素も合わせて検討していかないと、建物と […]

続きを読む

天井と鉄骨梁の関係

鉄骨造でのスリーブの考え方

鉄骨造(S造)の建物では、柱や梁を鉄骨で構成していくことになり、それぞれの接合がどのようなものになるのか、というあたりを検討していく事になります。 これがまずは構造体として鉄骨が守るべき項目という事になりますから、建物にとっては最重要項目だと言えると思います。 そうして構造体としての鉄骨を構成した後は、その鉄骨に建具などの仕上材を取り付けることを検討していく事になります。 建具などの仕上材を鉄骨に […]

続きを読む

鉄骨ピースの一例

鉄骨に取り付けるピースの納まり

鉄骨造の建物では、何らかの部材を鉄骨に固定する機会が結構多いのですが、そうした場合に構造体を痛めないようにピースを取り付けておく必要がある。 そうした話を前回は取り上げました。 ただ、鉄骨を製作するタイミングは施工のかなり序盤になっていて、その時点で鉄骨への固定方法が明確になっていない場合も結構あります。 だからこそ難しさがある訳ですが、ある程度予測を立ててピースを取り付けておく場合も結構多くなっ […]

続きを読む

溶接作業

鉄骨に取り付けるピースの考え方

鉄骨造の建物では、構造体である鉄骨に色々なピースを取り付けておく必要があり、それを鉄骨の製作が完了するまでに決めておかないといけません。 こうした検討を怠ると、後から鉄骨に対して何らかの固定をしたいと思った際に、なかなか思い通りに出来なくなってしまう、という話になります。 後から現場で鉄骨に対して溶接で何かを固定する為には、やはり事前に何らかのピースを取り付けておく事が重要になってくるんです。 鉄 […]

続きを読む

鉄骨ピースの一例

鉄骨にピースが必要な理由

鉄骨造(S造)の建物を検討する際に苦労するのは、事前に仕上関連の様々な納まりをある程度決めておかなければならない、という部分にあります。 鉄骨の製作をするのは工事のかなり序盤になるのですが、その際に全ての仕上納まりが決まっているかというと、残念ながらそんなことはありません。 これはちょっと矛盾している書き方をしていますが、この矛盾こそが鉄骨造の難しさを表しているのではないかと思います。 もちろん理 […]

続きを読む