• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

図面を作図するツールの記事一覧

スキルアップ

作図ツールのおわりに

建物を造っていく為に必要な図面には色々な種類がありますが、そうした図面を作図する際にはどのようなツールを使っているのか。 このカテゴリではこうしたテーマで色々な話をしてきましたが、ちょっと話が長くなりすぎてしまった気がしています。 図面を作図するツールの話という事は、つまりCADの話になるのですが、細かい機能につての話をする訳でもなくここまで話が長引くとは思いませんでした。 しかし、これで図面を作 […]

続きを読む

バックアップ

図面データ管理の問題点

手描きからCADになって時点で、図面は紙ではなくデータで管理するようになり、原図の保管などの苦労がなくなりました。 もちろんこれは業務として非常に便利になり効率化したのですが、データにはデータの苦労があって、これで全て解決という話には残念ながらなりません。 という事で、今回は図面をデータで管理する場合の問題点について考えてみることにします。 図面をデータで管理する場合、図面をコピーして編集したり、 […]

続きを読む

ハリセン

CADデータの取り扱い

図面を作図する為のツールとして、CADと手描きとの関係について今まで色々と書いてきましたが、結局は両方必要なスキルという欲張りな結論になってしまいました。 やり方が二種類あるのであれば、両方出来た方が有利なのは当たり前なので、そうした当たり前すぎる話ではありましたが… 実際の仕事ではやっぱりプロとして色々なスキルが求められるので、色々な引き出しを持っておいた方が有利なのは間違いありません。 両方の […]

続きを読む

継続したスキルアップ

継続してスキルを高める価値

図面を作図する為の手段としてはCADと手描きがありますが、手描きのスキルを高めるよりも、CADのスキルを高める方が難易度は低め。 もちろんこうした感覚には個人差があって、CADが得意な方はそう思うし、手描きが得意な方はそう思わないかも知れませんが… どちらもある程度こなす事が出来る私の感覚としては、やはりCADを覚える方が比較的簡単ではないかと思っています。 なので、今現在手描きが得意な方であれば […]

続きを読む

手描きスケッチ

手描きの方がCADを覚える為に

CADが図面を作図する為のツールとして主流になっているけれど、手描きのスキルは色々なシーンで必要になってくるので、身につけておいた方が有利。 前回はそんな話を取り上げました。 例えば設計者であれば、設計図だけでは伝わらない部分のイメージを、打合せの中で「こんな感じ」と言ってスケッチを描くとか。 施工者であれば、設計図に描かれている通りに施工をすると「実際はこんな関係性になる」というスケッチを描いて […]

続きを読む

手描きスケッチ

手描きは今でも必要なスキル

図面を作図するツールとしてCADの良いところを色々取り上げて、手描きというやり方と比較をしてきた訳ですが… やはり全体的に手描きからCADへと移行するだけあって、調べていくとCADには良いところが結構たくさんあるという事が分かります。 ただ、手描きからCADに移行した時点で、図面を作図する為のスキルとして、手描きのスキルはもう不要になってしまったのかというと、決してそんなことはありません。 まだま […]

続きを読む

青焼き

誰もが使える便利なツールとして

前回はCADで図面を作図する際のメリットについて考えてみましたが、やはり正確な図形を簡単に作図出来るというのは非常に便利なものです。 作図した図面のデータをコピーして少し違う図面として編集したりも出来るので、活用方法によっては驚く程便利になる場合もあります。 手描きの時代には、作図した図面の原本を大事に取っておいてコピーした図面を使う、というやり方が主流だった為、図面はトレーシングペーパーに作図し […]

続きを読む

拒否

CADの良いところ

手描きで図面を描いている方の中には、手描きという手法に愛着がありすぎる事が原因で、CADに対してあまり良い感情を持っていない方もいます。 これは手描きのスキルが高ければ高いほど、手描きに対する愛着が大きくなる傾向にあって、その分CADを避けるようになる傾向があります。 ただ、そうした感情はあまり仕事にプラスの作用を及ぼすことがないので、出来ればあまり気持ち的に拒絶の姿勢を見せない方が良いのに…とも […]

続きを読む

進歩

手描きからCADへの移行について

もうかなり昔の話になってしまいますが、図面をすべて人の手で描いて、修正も消しゴムを使って消してからまた描いていた時代がありました。 当時はそれが当たり前の話だった訳ですけれど、時代は変わるもので、今現在はCADを使って図面を作図することが普通という状況になってきています。 いくら手描きのスキルが高くても、今の時代に図面を作図する仕事をする為にはCADのスキルが必要不可欠、という条件になりつつありま […]

続きを読む

たくさんの書籍

CADの知識だけで充分なのか

CADの操作に精通する為には、やはり膨大な量の実践が必要になってきて、操作方法を知っているだけでは勝負にならない、というような話を前回は取り上げました。 これは結構当たり前の話、あらためて強調するような内容ではなく、基本中の基本というような種類の内容だと思います。 本当はもっと「こうすれば簡単に上達しますよ」みたいな情報を公開したいところなのですが、そんな便利な裏技など存在しないのが現実です。 も […]

続きを読む