• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

納まりのポイントまとめ-3

□下地と仕上材との固定

納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。
何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…

・最終的な仕上材がどのようなものなのか

・その仕上材を固定するのははどのような方法なのか

・その為にはどのような下地が必要になるのか

建物の納まりを検討していくには、上記のような情報を正確に掴んでおく事が求められます。
これらの情報と仕上の位置が分かれば、自動的にその仕上材を固定する為の下地位置が分かるので、そこに下地を用意しておけば納まりの検討はほぼ完了という事に。

下地位置の決定がまずは重要に

これはちょっと極端な表現かも知れませんが、下地の位置を決めることが納まり検討では非常に重要な要素になるということは間違いありません。
下地を決めるには、仕上材がどの程度の荷重なのかなども知っておく必要があって、その上でどの程度の下地であれば大丈夫なのかを決めることになります。

下地の位置やサイズなどを検討して、その下地をどこに固定するのかを調整していくのは、やってみるとよく分かりますがかなり地道な作業になります。
しかも仕上材を固定する為に使われる訳ですから、最終的には下地というのは全て仕上材の奥に隠れてしまう事に。

こうした地道でしかも目立たない部分の検討では、正直あまり気が進まないと感じてしまう可能性もありますが…
地味な作業だからこそ重要だとも言えるので、納まり検討の際にはまず下地のことを意識しておくことをお勧めします。

下地さえしっかりしていれば、あとはどうにでもなる、というのが施工者側の認識で、それくらい下地は重要だということが言えると思います。

□勝ち負けの考え方と小口の見せ方

建物の納まりを検討する際には、色々な仕上材が取り合う部分で、どちらの仕上材を伸ばしていくのが綺麗なのかを意識しておく事が重要です。
こうしたどちらの仕上材を伸ばすか、という考え方を「勝ち負け」と呼び、例えば壁と床との取り合いであれば「壁勝ち納まり」などと呼ぶ事になります。

壁と床の勝ち負け例

施工の順番は一般的に壁をたててから床仕上材を施工することになるので、通常の床と壁との関係は上図のように壁勝ち納まりになっています。
これは床と壁の一例で、壁の出隅や入隅などあらゆる部分で「勝ち負けをどちらにするか」を検討していく事になります。

壁の出隅などであれば、どちら側の壁を勝たせるかによって、「小口」と呼ばれる仕上材の側面が見えてくる場合もあります。
例えばタイルや石などで下図のような納まりになるパターンです。

壁タイル出隅の勝ち負け納まり例

このような納まりになる場合には、小口をどちら側に見せるかという事も意識しながら勝ち負けを決めておく必要があります。
石膏ボード+塗装やクロスのように、最終的にはどちら側にも小口が出ないような仕上もあるので、仕上材によって色々と考え方を変えながら検討をしていくことになります。

こうした検討を上手く進めるには、やはりそれぞれの仕上材についての深い知識を持っている必要がある、ということになるでしょう。
下地の話をした際にも取り上げましたが、最終的な仕上材についての知識を持っていることが、納まりの検討では結構重要になってくるものです。

仕上材によって最大サイズが決まってくる場合もあるので、そのあたりの情報をしっかりと掴んでおき、それを踏まえて納まりを検討していくことがプロには求められます。

関連記事

  1. どうしても調整業務は出てくる
  2. 出隅役物タイルの納まり
  3. スケジュールの感覚
  4. アイソメの着色例
  5. まだまだ調整が必要な状態
  6. Dボードの小口