• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

納まりのポイントまとめ-2

□三次元CADの利用価値

図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。
簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。

水平垂直の線を正確に引く事が出来たり、小数点の単位まで正確な寸法をきちんと押さえる事が出来たり、その寸法を自動的に数値で表現することが出来たりと…
CADはコンピュータの得意分野を生かした非常に便利なツールで、図面を作図するツールとして今はもうなくてはならない存在になっています。

かなり昔の話になってしまいましたが、CADが普及する前までは人間の手で正確な図面を描いていたものですが、今は手描きをメインにすることは難しいです。
もちろん人間の手で表現する図面にも良いところがたくさんあるので、それぞれのメリットを生かして使い分けていく事がプロには求められますが。

そうしたCADの一歩進んだツールとして、三次元CADという存在があります。

3DCADのイメージ

三次元CADというのは、平面だけではなく高さ情報を持ったCADになっていて、平面的に作図するのではなく立体的に建物を造っていくという考え方になります。
きちんとモデリングが出来ていれば、好きなアングルから建物を眺めてみたり、切りたい部分で断面図を作成することが出来るとう強力なメリットがあります。

ただ、建物をコンピュータ上で自由に眺めたり、簡単に断面図を切る事が出来るようになるには、建物全体をしっかりと作り込んでおく必要があります。
そう言った意味では「断面図を簡単に作成」とは言い切れない部分もあるんです。

要するに膨大な手間がかかるという話で、建物の納まりを検討する為にそこまでの作業が必要になるのか、という問題が三次元CADにはついて回ります。
そこまでの労力をかけなくても納まりの検討は出来るし、必要な部分だけを断面図で作図すれば良いだけなので、三次元のモデリングは必須ではないんですよね。

今の時点で建築業界では三次元CADがいくつか普及していますが、通常の二次元CADに取って代わるような勢いがあるかというと、ちょっと微妙ではないかと思います。
二次元CADに比べて圧倒的に便利、というような状態になれば、手描きがあっという間にCADへと変わったのと同じくらいのスピードで三次元CADが普及するはずですが…

今現在そうなっていない事を考えると、三次元CADはまだそこまでの存在ではないのでしょう。

□施工誤差とクリアランスと施工スペース

図面上で建物の納まりを検討するにはCADを使う場合が多いのですが、CADを使うと非常に正確な図面を作図することが出来ます。
これはもちろん良い事なのですが、問題は「実際の建物はCADで作図した図面のように正確には出来ない」という部分ではないかと思います。

建物をこうしたいという図面はCADで作図することになりますが、実際に建物を造っていくのはあくまでも人の手です。
もちろん実際に建物を造る職人さんの技術は非常に高いです。
しかしそれでも人間の手で造るものと、コンピュータ上で作図される図面とは、完全にイコールにはならないものです。

これはもっと正確に建物を造らなければダメとかそういう話ではなく、人間の手で造る以上はそうした誤差が出るのは当然という話です。
だからこそ、CADで作成する図面によって納まりを検討する際には、この「施工誤差」がある事を頭に入れておく必要があります。

多少の施工誤差が出ても問題なく納まるようにするには、「クリアランス」と呼ばれる隙間を検討段階で計画しておくことが重要です。
あまり大きくクリアランスを取り過ぎるのは良くないですが、全ての材料が隙間なくびしっと納まるような事は図面上でしかあり得ません。

納まりを検討する際には、そうした現実を考慮に入れておく必要があるんです。

また、図面上ではクリアランスをしっかりと設けている場合でも「この狭いスペースでは工具が入らない」というような施工の都合も時にはあります。
建物では全ての材料が接着剤で固定される訳ではなく、色々な工具によってビスで固定したり、ボルトで固定したする場合が多いです。

そうしたビスで固定する為のスペースを考慮しておかないと、それこそ「絵に描いた餅」状態になってしまうので注意が必要です。
とは言っても、納まりを検討する仕事をする方は、実際に材料をビスで固定する作業をやったことがない場合がほとんどでしょう。

それは業務の分担を考えると仕方がない事なので、自分で施工をやってみるのではなく、どのようなやり方で実際の施工を進めるのかを知っておく事が求められます。
あまりにも実際の施工に詳しくなってしまうと、施工がやりやすい事を重視してしまうことになるので、それも少し困ってしまうのですが…

何事もバランスが大事だという事だと思います。

関連記事

  1. クリアランスを意識した外壁まわり断面図
  2. 文章で説明くらいの距離感
  3. 天井段差の表現
  4. Dボードの小口
  5. まだまだ調整が必要な状態
  6. 3DCADはコストがかかりがち