• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

標準納まりを持っておく意味

建物を設計する際には、今まで関わってきた建物の経験を生かして、以前検討した納まりと同じ納まりを選定していく場合があります。
これは決して「真似」というような次元の話ではなく、検討した結果として同じ納まりを採用する、という事が重要になってくる。

というような話を前回は紹介しました。

今まで建物を建ててきた企業や人が蓄積している技術や知識があって、そうした知識があるからこそ選定されてきた納まりというのは間違いなくあるはずです。
それを無視して完全にオリジナルの納まりを各所で採用するのは、やはり効率などを考えるとあまりお勧めする事は出来ません。

かと言ってすべてが今までの建物と同じではちょっと…という気持ちも分かるので、そのあたりはメリハリをつけて考えていくのが良いと思います。
あまり意匠的に問題ない部分については「いつもの納まり」を採用して、ちょっとメインになる部分には色々な検討をしていくなど、やり方は色々あるはずです。

建物のメインとなる部分であっても、色々検討した結果として、別の建物とちょっと似てくるような場合も当然あるでしょう。
それが似ているからダメという話では全然なくて、その建物にマッチしているデザインであれば、その納まりが建物にとってはベストなんですよね。

これは設計者だけに言える話ではなく、施工者にとっても同じような事が言えます。

今までの建物で納めてきた施工方法というのは、恐らく施工者として長年経験してきたものをベースにして選定してきたやり方が多いはずです。
なのでまずはそうしたやり方を選定することを前提として考えていく事が基本。

標準をベースにする事の意味

しかし、技術というのは常に進歩しているものですから、いつまでも以前と同じやり方をしていると、周囲の進歩に対して相対的に遅れをとってしまうことになります。
それではやはり困るので、今までと同じやり方で効率よく施工を進めつつも、時にはもっと良い施工方法や納まりがないかを考える、という感じです。

これはそれほど簡単な事ではありませんが、そうやって仕事の効率と改善を進めていかないと、プロとしての技術で遅れてしまうことになってしまいます。
そうならない為にも、ちょっと相反する事だとは思いますが、時にはいつもの納まりを見直してみることも必要になってくると思います。

今までの経験を生かして納まりを決めるというやり方と、今までの経験を生かしてさらに違う納まりを考え出していく事。
結局は経験してきた事を生かしていくしかない訳ですけど、それぞれ少しずつ違うやり方を使って仕事をしていく事がプロには求められるんです。

そうした仕事をする為に助けになるのが、今まで経験してきた納まりなどを図面に落とし込んで取りそろえておく「標準図」の存在です。
例えば床仕上材として、石の納まりは今までこうやってきたとか、巾木との関係ではこんな納まりで検討を進めたとか…

その結果としてこのような出来上がりになったとか、そうした資料を少しずつ紙とデータで積み上げていくと、後々の仕事で非常に役立つはずです。
こうした資料は会社が社員の為に用意している場合も多いです。

社員の知識やスキルが高まると言うことはつまり、会社の力が高まるという事ですから、企業としてそうした資料を作るメリットは結構あると思います。
ただ、もし会社でそのような標準図関連の資料を作っていたとしても、自分用の標準図を自分で作成してみることを当サイトではお勧めします。

やっぱり与えられた資料と自分で苦労して作った資料とでは重みが違いますし、資料を作っていくという意識を持っていると得られる情報は違ってくるものですから。
そうした資料は自分の頭の中にある、という方も中にはいると思います。

そのような考え方は、私にもよく分かるので、それでも良いと書きたいところですが…いざとなると頭の中にある知識を正確に素早く取り出すのは難しかったりするんですよね。
自分の中にある知識を整理するという意味でも、やはり自分の頭の中だけではなく、紙で標準図の資料を作っていく事をお勧めします。

関連記事

  1. 外壁を金属パネルにした例
  2. 文章で説明くらいの距離感
  3. スケジュール感を持って進める
  4. まずは机上で確認する
  5. パースの一例
  6. 色々な検討により建物は美しく仕上がる