• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

パース風に描いてみる

建物を部分的にスケッチで表現するアイソメは便利ですが、最初のうちはなかなか上手く作図する事が出来ないかも知れません。
しかし繰り返し作図していくことによって、少しずつ上手くなっていくはずなので、まずはどんどん枚数を描いていくことが重要です。

…と、これはアイソメだけに限った話ではなく、結構当たり前の話ではありますが、前回はアイソメ上達のポイントについて色々書いてみました。
慣れてくると楽に作図が出来るようになるけれど、慣れないとなかなかペンを持つ手が進まない、というのは非常によく分かります。

しかしそこから無理矢理手を動かしていかないと上達していかないので、まずは下手でも良いので何枚も描き直すつもりでどんどん作図をしていきましょう。
綺麗なノートなどに描いていくと、上手く描こうという気持ちが強くなりすぎて手が進まない可能性があるので、印刷した図面の裏に描くくらいが丁度良いと思います。

さて、前回は壁出隅の床取り合いをアイソメで表現してみましたが、今回はそれを少しだけパース風に変えていくやり方を紹介してみることにします。
まずは前回作図したアイソメはこんな感じの完成形でした。

アイソメの着色例

これで壁の足元は表現することが出来ましたが、同じ出隅で天井取り合いを同時に表現しようとすると、ちょっと難しい事が分かります。
アイソメはあくまでも同じ角度で壁のラインを表現していくのですが、そのまま壁と天井のラインを表現するとこんな感じになってしまいます。

アイソメで天井取合を表現した場合

ちょっとスペース的に表現が厳しくなってきたので15度に角度を変えましたが、アイソメの考え方からするとこの図面で表現としては間違っていません。

ただ、この図面だと天井面も上から見下ろしているのか、それとも壁の入隅を見上げているのかが全然分からない「だまし絵」みたいな感じになってしまうので、分かりやすいかどうかという部分を考えるとあまり良い表現ではないでしょう。
そうなると、天井と壁の取り合いを表現するには、もう少し分かりやすく見上げたようなイメージでアイソメを描いていく方が分かりやすいかも知れません。

天井を見上げたイメージ

これで天井と壁の表現としてはOKですが、それぞれ独立したアイソメになっているのはちょっと勿体ない感じがします。
そこで床取り合いと天井取り合いのアイソメをくっつけてみると…

床から天井までを表現してみる

こんなイメージの図面が出来上がります。
壁のラインが床取り合いと天井取り合いとで違う角度になっているので、この図面はアイソメとは言えない表現になっていますが…
イメージとしては結構分かりやすいと思いますが、いかがでしょうか。

こうした表現はどちらかと言うと、アイソメというよりもパースに近いですね。
パースは遠近法で表現していく図面ですから、実際に自分の目で見る状態に結構近くなって、アイソメよりもさらに分かりやすいと思います。
ただ、角度や距離などを計算していくのは大変なので、そこまではしませんが…

ある程度大雑把であっても、こうしてアイソメを組み合わせ表現をする事によって、説明したい部分が分かりやすくなっていきます。
あくまでも簡単なスケッチになるので、あまり厳密なルールに縛られることなく、分かりやすさや伝えやすさを重視した表現をしていく方が良いと思います。

今回紹介したスケッチはあまり難しい部分ではありませんが、この状態をベースにして色々な表現をする事が出来ます。
例えば出隅付近に天井の段差が付いたり。

天井段差の表現

もしくはカウンターの端部をどこにするかを考えたり。

カウンターの表現

厳密に言うとパースは遠近法で表現するものですから、場所によって少しずつ線の角度は変わってくるものなので、上図はちょっとパースとしては間違っているのですが…

パースの一点透視イメージ

こうしたスケッチを描く目的は「その場のイメージを分かりやすく把握する事」なので、そこまで厳密じゃなくても良い場合がほとんど。

だから「パース風」という表現にしている訳で、もちろん正式なパースが必要な時にはこんな簡易な表現ではNGですが、打合せの場でサッと描く絵としてはこれで充分ではないかと思います。

…と、こうして基本的な状態に色々な情報を付け加えることによって、アイソメの表現パターンは増えていく事になります。
アイソメを描くことに慣れてくると、こうした追加表現がさらっと出来るようになるので、こうなると結構スケッチも面白くなってくると思います。

もちろん遊びで絵を描いている訳ではなく、あくまでも仕事で必要だから作図しているので、もう少し複雑な部分の表現で悩むかも知れませんが…
それでも上手く表現出来ると嬉しくなったりするので、仕事であっても面白みというのは間違いなくあるのではないかと思います。

関連記事

  1. 美しい建物をたくさん見ていく
  2. まずは机上で確認する
  3. 美しい建物
  4. アイソメの着色例
  5. Dボードの小口
  6. クリアランス=隙間