• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

納まり決定までの道のり

仕上材の選定によって建物の納まりが変わってくる場合で、なおかつ先行する鉄筋コンクリートや鉄骨工事に影響がある、という状況は建物の中で結構あります。
その場合、仕上材は出来るだけ早めに決めた方が良いので、施工者としては優先順位を付けた仕上材選定のスケジュールを組んでいく必要が…

というような話を前回は取り上げました。
こうした仕上材選定のスケジュール管理は結構大変な作業になるはずですが、このスケジュール管理が上手くいかないとちょっと大変な状態になりやすいです。
例えば…

鉄筋コンクリートを打設する直前になっても開口位置が決まらないとか。
ある程度想定して鉄筋コンクリートの開口まわりの納まりを決めたとしても、それが確定ではなくあっさりと変わってしまったりとか。
逆に、石膏ボード+塗装仕上の色をコンクリート工事の際に決めても、それがコンクリート工事に影響する訳ではないのであまり意味がなかったとか。

そのような状況になってしまう場合が多いので、関連する部分の施工が始まる前までには何とか仕上材の選定を含めて納まりを決めておきたいところです。
そうしないと、施工のやり直しがたくさん発生したり、仕上材が決まらないから工事が進まないなどの問題がたくさん出てしまいます。

もしくは仕上材や色が決まっても、それは少し先の工事だからあまり今のところは影響がなかったりと、要するに上手い具合に工事が進まなくなります。
施工者が目指すのは手戻りのない工程通りの施工ですから、施工の段階を踏まえた仕上材の決定スケジュールは非常に重要な項目と言えるでしょう。

スケジュールの感覚

ただ、こうした「円滑に工事を進めたい」という施工者の思惑と、設計者の思惑が上手い具合にマッチしてこない場合も多々あります。
今回はそのあたりのギャップについて考えてみることにしましょう。

施工者は工事を工程表通りに進めていきたいという思いがあるので、先ほどの仕上材についての話でもそうですが、なるべく早めに色々な事を確定させたいと考えます。
鉄筋コンクリート工事を進める為には、アルミ建具の開口まわりの納まりを決める必要があって、それにはタイルの品番を決めないと、という考え方です。

一方で設計者は、もちろん施工の事を意識しない訳ではありませんが、少しでも建物を施主の要望に沿ったものにしたいという思いがあります。
それに加えて、出来るだけ建物のデザインも重要視したいし、色々な部分の使い勝手もきちんと検証しておきたいという気持ちで仕事を進めます。

検討すべき項目が多くなるのですが、それをきちんと考えて、出来るだけよい建物を造っていきたいと考えると訳ですが…
そうなると工事の工程よりも、色々な部分の検討や調整などに時間がかかってしまう、というような状況になったりします。

簡単に言ってしまうと、実際の施工を進めるまでに色々な事が決まらない、あるいは決められない場合もある、という事です。
しかし施工者は予定通りに工事を進めたい。
このあたりに設計者と施工者の思惑の違いがある訳です。

設計者としても、別に施工者が工事を進める事を邪魔する訳ではないのですが、結果的に色々な部分が決まらないので施工が出来ないという状況が発生する場合があります。
施工が進まないという事はつまり、施工が工程通りに進まないという事を意味しますから、施工者としてはあまり嬉しくない状況になってしまう訳です。

設計者の立場から考えると…
施主の要望がまだ完全に出揃っていない段階なのに、どんどん施工を進めたいと言ってくる施工者がいて、早く決めて欲しいという話をどんどんしてくる、という感じですね。

もちろん施工者と設計者とではお互いの立場の違いがあるので、こうした考え方の違いがあるのは仕方がない事なのですが。
このあたりは大抵のプロジェクトで発生する話なので、お互いの立場を尊重しつつも主張をしていく、というようなやり方で進めるしかありません。

関連記事

  1. どんな建物でも参考になる部分がある
  2. 人に説明するのはチャンスでもある
  3. 美しい建物をたくさん見ていく
  4. Dボードの小口
  5. 天井段差の表現
  6. 出隅役物タイルの納まり