• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

施工スペースを意識する

建物の納まりを検討する際には、それが大きな部分の検討であっても、細かい部分の検討であっても、きちんと納まっているかどうかを意識していく事になります。
納まっているかどうか、というのはちょっと曖昧な表現になっていますが、もう少し具体的に表現をすると以下のような条件をクリアしているかどうか、という話になります。

・仕上材の位置に構造体や下地が出てこないか

・仕上材を固定する為の寸法は確保されているか

・仕上材を固定する為の下地は用意されているか

・取合う部分の勝ち負けはきちんと調整されているか

・施工する為のスペースは問題ないか

・最終的な仕上材は運搬可能なサイズになっているか

・施工の順番は整理されているか

これらの項目ははっきり言って実際の施工をする際の常識的な話なので、ここで「これがポイントです」という程の項目ではありません。
しかし納り検討をしていく中では、なかなか意識されない傾向にある項目もあるので、ここで改めて箇条書きしてみました。

仕上材に対して下地や構造体が出っ張ってこないか、というあたりについては、納まりの検討で結構気を遣う部分でしょう。
そう言った意味では、納まりを検討している部分であれば、恐らくこの項目が致命的な問題となる事はそれ程多くはないと思います。

しかし、施工をする人が入るスペースがあるかとか、施工の順番として最後にどこを固定するかなどは、意外に意識が出来ない場合があります。
実際に想像が出来る仕上材や下地などの関係は図面上できちんと検討が出来るけれど、それを固定する為にどのような作業が必要になるかは、図面上ではなかなか分からないものなので…

仕上材と下地との関係は問題なく納まっているけど、最後にこの狭いスペースに人が入って作業をするのは無理では? みたいな話がある訳です。
もしくは、確かに納まってはいるけど、この中に入って施工をしたら最後どこから外に出れば良いの? みたいな寂しい話も時にはあります。

前回も少し「納まりを検討する人が実際の施工をする訳ではない」という話を取り上げましたが、取り付ける為のスペースを意識しにくい原因はそのあたりにあるのでしょう。
これはある程度は仕方がない事だと思います。

図面を描く人と実際に施工する人は別

実際に施工をする作業をする方は、それが専門になるので図面での検討をする時間が取れないですから、図面はそれを専門にする方がやるしかありません。
そうなると、どうしても実際の施工を意識しない図面になってしまう傾向にあるので、それを解消するには「どんなやり方で施工をするのか」を検討する方も知っておく必要があります。

もちろん実際に自分では施工をしないにしても、どのようなやり方で施工が進められていくのか、というあたりは知識としてもっておくと良いです。
その為には実際に施工をする方に色々と教えて貰う必要があるので、そうなるとデスクワークだけではなく、多少は現場を見る事も大事なことになっていきます。

実際に自分がやらない作業についてある程度の知識を持つ。
これがどの程度難しい事なのかは、人によってかなり大きく違ってくるようです…というのは、今まで私が仕事をしていく中で見てきた感想です。
やはり興味があまりない事に関してはなかなか覚えるのが大変なんですよね。

どこまでの知識を持っていれば良いのかというのは難しい話ではありますが、施工方法に関する知識も図面での検討には結構役立ってくれます。
工具の名前とか使い方などは覚えなくても問題ありませんが、どんなやり方で施工をしていくのか、というあたりの知識は持っておいて損はないと思います。

関連記事

  1. まずは外壁の検討が最優先
  2. 3DCADでの表現例
  3. 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
  4. スケジュール感を持って進める
  5. 標準をベースにする事の意味
  6. 外壁を金属パネルにした例