• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

下がり壁を綺麗に納める案

前回は下がり壁と天井との関係について紹介して、出隅部分で仕上材が切り替わるので見切り材が必要という話を取り上げてみました。
その中で「下がり壁用見切り材」を採用した断面図を紹介してみましたが、見た目としてはあまりよろしくない、というあたりまで話が進んでいます。

今回はその続きとして、下がり壁用見切り材が見た目としてNGであるのなら、どのような納まりが考えられるか、というあたりの話をしていく事にします。
ただ、ここでちょっと弱気な発言というか逃げ口上というか、ただし…みたいな話を少しだけ書かせてもらいます。

建物の納まりは意匠設計者や施工者のアイデアによって本当に色々なパターンがあり、ここで挙げるのはその中のほんの一部でしかありません。
色々な納まり案があることが建築の面白さでもあるので、ここで挙げる案もひとつの選択肢としつつ、もっと良い納まりもあるはずという考え方で読んで頂けると嬉しいです。

また、綺麗に納めようとすると別の部材を用意したりが必要になる場合もあり、コストとしてはどうしても増えていく方向になってしまいます。
最も避けるべきなのは以下のようなパターンです。

・特殊な納まりによってコストが無駄に増える

・しかもそれがあまり綺麗ではない

・そこまでする場所でもなかった

こうした状態になるのは意匠設計者としても施工者としても避けたいので、そのあたりを意識していくと以下のような考え方になっていくと思います。

・出来るだけ既製品を使って手間とコストをかけない

・シンプルな納まりで綺麗に見せる

・場所によっては標準納まりを採用する

これらを意識しつつ、色々な考え方がある中で少しでも綺麗に見えるような納まりを考えていく、というのが今回のテーマになります。
と言うことで、まずは前回の標準的な納まりを一度紹介して…

一般的な下り壁見切納まり

そこからどう納まりを変えていくかですが、まずは壁勝ち納まりにして、壁に対して十手廻り縁を回していく納まり図を描いてみましょう。

コ型見切材と十手を組み合わせた案

塩ビ見切り材を二種類使用することになりますが、少なくともこれで壁面の見え掛かりがすっきりとして、なおかつ十手廻り縁も途中で終わらないで済む納まりになりました。
ただ、コ型廻り縁と十手廻り縁が連続する部分がちょっと気になるかも知れませんが…その場合、壁の塗装仕上を少しだけ天井面まで持ってくる納まりも考えられます。

下り壁塗装を天井の一部まで伸ばした納まり例

これは結構見た目に影響が出るので、この部分だけを考えてこうした納まりにするのはお勧め出来ませんが、全体を考えてこのような納まりにする場合もあります。
壁仕上材はもともと塗装でそれにあわせて天井仕上を一部塗装にする事で、出隅が塗装だけの取り合いになって、出隅は綺麗におさまります。
アイソメで表現してみるとこんな感じ。

天井を一部塗装にしたイメージ

出隅部分に塩ビ見切り材ではなく、例えばフラットバーなどを入れる場合も結構ありますが、これはちょっとコストとしては高くなる方向ですね。
このレベルにどうしてもラインを入れたいなどの考え方があるのなら、こうした納まりでも綺麗に見えてくるはずです。

下り壁見切にフラットバーを使った納まり例

フラットバーまでは必要ない、という場合には、単純に岩綿吸音板の小口に塩ビ見切り材を入れて、その面を見せてしまうという考え方もあります。

下り壁取合い天井勝ち納まり例

ただしこの納まりを採用する場合には、コ型廻り縁を採用しておき、同じ見え方でまわしていくという考え方にしないと綺麗にはいかないかも知れません。
十手廻り縁が急に下がり壁取り合い部分でなくなってしまうことになり、これでは最初に紹介した下がり壁用見切り材の納まりと同じになってしまうので…

下がり壁の出隅納まり案についての話はこのあたりで終わりにしておきましょう。
もっと綺麗に納まる案などもあるかも知れませんが、私も毎回のようにこうした部分の納まりでは悩んでいます。
色々な人の案を混ぜるともっと良い納まりが出来上がるはずなので、一人で考えるのではなく打合せによって考え方をブラッシュアップしていく事をお勧めします。

関連記事

  1. 図面上では納まっているけど…の一例
  2. 廻り縁部分拡大納まり図
  3. 白い壁と白い天井
  4. 天井が高いと不便な場合も
  5. 十手廻り縁
  6. 十手廻り縁