• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

施工精度を調整出来る場所を設ける

前回は廻り縁の実際の納まりを紹介して、廻り縁には当然厚みがあるので、実際は図面のように石膏ボードと岩綿吸音板がぴったり付く訳ではない、という話をしました。
ただし、そうした実際の関係性を検討図で細かく表現した方が良いかというと、かかる手間と時間、そしてその効果などを考えるとそうでもない、という話もありました。

こうした表現をCADでするのは厳しいですが…

このような表現をするのは結構手間と時間がかかります。
ちょっと斜めな感じのルーズな表現はCADが苦手とする部分なので、このような表現をCADでするのはストレスが溜まるはず。

こうした理由から、図面で納まりを検討していく中では、わざわざ手間をかけて本当の納まりを表現する必要はないかも知れません。
ただし、納まりを検討する側であれば、現物がどのような関係性で納まっているのかを知っておいた方が良い、という事は間違いありません。

前回例として出した天井の間接照明部分の納まり断面図がこちらですが…

図面上では納まっているけど…の一例

このような検討図では、実際には石膏ボードと岩綿吸音板との間に隙間があく事になるので、実際には天井仕上面の方がレベルが下がってしまうことになってしまいます。
図面と現実が少しだけ違うという話ではありますが、この違いは見た目にかなり影響を与えることになるので、ちょっと納まり検討としては問題です。

こうした現実を意識しておくと、先ほど例に出した間接照明部分の納まりも、少し逃げを見て下図のような納まりにする事が出来るはず。

天井間接照明の納まり例

天井仕上面よりも見切材を少し下げておく事で、ある程度施工で誤差が出てくるとしても、調整代があるのでそこで問題なく誤差を吸収して綺麗に見せることが出来ます。

もちろん検討図のように施工誤差がゼロで納まるのが一番良いというのは間違いないのですが、実際にはそのような納まりを実現することは出来ません。
納まり検討図では、誰もが実現出来るような関係性で表現されている必要があるので、理想的ではあるけれど誰も実現出来ないという納まり図では意味がないんです。

こうした考え方は特に施工者に求められる種類のものではありますが、設計者も当然知っておいた方が良い考え方でもあります。
設計者が施工の事を知らずに理想的な納まりを目指すのは仕方がない事ではありますが、それを実現しようとして実際には難しく、最終的には美しく納まらない、というのは残念過ぎますから。

そうした状況を避ける為にも、意匠設計者もある程度施工精度について知っておいて、誤差ゼロは無理だけど出来るだけそれを小さくする事を考える方が良いと思います。
最終的にはそう考えた方が仕上がりは美しく見えるはずなので、ある程度の施工誤差を調整する部分をどこかに見込んでおく、という考え方をお勧めします。

壁と天井との関係では、時々天井高までの高さがある建具が天井と取り合ってくることになりますが、この場合も同じように施工誤差を見ておいた方が良いです。
具体的な話をすると…

まずは例として天井までの建具の基本納まりを紹介すると、大体は建具枠と天井仕上材は下図のような関係になるはずです。

建具枠と天井の納まり例

これを、例えば建具枠をあまり見せたくないという意匠的な考え方で、枠の見付を小さくする、という方針にしたとすると…

建具枠と天井が納まっていない例

このような関係の納まり検討図を作ることも出来るのですが、これはあまり現実的とは言いがたい関係性になっています。
まずは天井仕上面が少し下がる可能性があるという事と、もし天井仕上面が下がってしまうと、扉が開かなくなってしまう恐れがあるという問題があります。

こうした納まりで進めると後々苦労が絶えないので、施工者としてはどこかに施工精度を調整出来る部分を作っておきたいと考える訳です。
こうした部分を含めて最終的に綺麗な納まりとする為にも、まずは現実がどう納まるのかを知っておくという事が非常に重要になってくる、という話でした。

関連記事

  1. まずは選択肢を増やす事が重要
  2. 白い壁と白い天井
  3. 見付が小さい十手廻り縁の納まり
  4. 壁石張り+天井アルミパネル取合納まり
  5. 壁と天井の取合い納まり
  6. 壁アルポリック+天井十手廻り縁納まり