• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

廻り縁の材質について考える

壁仕上材と天井仕上材との間には「廻り縁」と呼ばれる部材が必要になってくるのですが、そもそも廻り縁が必要になる理由はどのあたりにあるのか。
そんな話を前回は取り上げましたが、基本的には壁と天井との間を綺麗に見せるという目的があって
、その為に廻り縁を取り付ける、という話になりました。

天井を貼っていく際には、壁取合いの端部を現場で切って納めていく事になるのですが、その切り口はそれほど綺麗には見えないという現実があります。
なので、廻り縁を取り付けることによって、その切り口を隠してしまい、天井の端部ラインが綺麗に通って見えるようにする訳です。

切断面を隠すという目的がある

こうした話を簡単にまとめてしまうと、施工時の精度を隠す為という目的と、施工時に必要となる隙間を埋める為に廻り縁が必要なのか…という話になってしまいます。
そう言った意味で考えていくと、単純に施工者の都合で必要になってくる部材ではないか、という意見もあるかも知れません。

確かにそうした側面が廻り縁にはあるかもしれませんが、施工時にどうしても綺麗に切ることが出来ないのであれば、それは何らかの対処をするしかないと思います。
また、隙間が完全にゼロの状態で天井仕上材を貼っていく事など出来ませんから、そこにも配慮がどうしても必要になってくるはずです。

頑張って綺麗に天井を切れば廻り縁なしでも問題なく納まるのではないか。

そうした意見があるかも知れませんが、最終的にどちらが美しく見えるかどうかは、実際に切り口を見た事がある方であればそれは判断出来るはず。
もちろん廻り縁なしでも天井と壁の間を仕上げることは出来るのですが、見た目の美しさを求めるのであれば、やはり廻り縁を付けた方が良いと思います。

天井仕上材の種類によっても切りやすさなどが違ってはくるのですが、天井仕上材は基本的に塗装などをかけずにそのまま見せる場合が多いです。
そうなると切断した部分もそのまま見せることになるのですが、さすがに表面仕上げではない断面部分ですから、いくら綺麗に切ったとしても見た目は良くないです。

岩綿吸音板の小口

上図は岩綿吸音板の「小口(こぐち)」を見た写真になっていて、この状態であれば綺麗な面として見えますが、人の手で切断した後はここまで綺麗には見えません。
天井仕上材にはそうした特徴があるので、見た目としての弱点になり得る部分をカバーしていく為に、廻り縁という見切材が用意されているんです。

それを使わないという選択も出来ますが、当サイトではあまりお勧めすることは出来ません。
見た目を気にするからこそ廻り縁を使うわけですから、それを逆に考えるのは、斬新ではありますが美しくはならないという事ですね。

ちょっとしつこいくらいに廻り縁の必要性を書いてしまいましたが、壁に天井がぶつかっていく部分の大半で廻り縁が採用されていくことになる、という話でした。
そうした立ち位置の廻り縁ですから、使用頻度と数量は非常に多くなってくるので、様々なメーカーから既製品として廻り縁は販売されています。

基本的にはそうした既製品を使うことが前提になるので、用意されている既製品を見ながら、廻り縁の材質と基本形状について考えてみることにしましょう。
まずは廻り縁の材質ですが、圧倒的に多いのが「塩ビ製廻り縁」で、時々「アルミ製廻り縁」があるけれど、あまり選定はされない、という感じになっています。

部屋の明るさに大きな影響を与えることになるので、大抵の場合は天井の色は白系で統一されていく事になると思います。
それに合わせて塩ビ製廻り縁も白系の色が標準になっていて、それを選定すれば天井に対して全然目立たない状態になるように配慮されています。

白い壁と白い天井

もちろんアルミ製の廻り縁でも良いのですが、アルミの方が値段が高いんです。
天井面に近い位置に設置される廻り縁ですから、目線からは遠く、色を白系にしてしまうと塩ビなのかアルミなのかがほとんど分からなくなってしまいがち。
せっかく高いアルミ製を採用してもあまり効果が出にくいので、そう言った意味でも塩ビが採用される事が多くなるんです。

見た目として塩ビでも全然綺麗ですからね。

関連記事

  1. 納まり図集を持っておくと非常に便利
  2. 十手廻り縁を建具枠部分にも通す納まり
  3. 壁化粧ケイカル板天井取合納まり例
  4. 一般壁+天井アルポリック接着貼取合納まり
  5. 出隅で仕上が切り替わるイメージ
  6. コ型見切材と十手を組み合わせた案