• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

巾木なし納まりが成立する場合

前回は巾木の高さについての話をいくつか取り上げてみました。
正直なところ、巾木の高さというのはあまり意匠的にも納まり的にも深く考えなくて大丈夫な部分ではありますが…
それほど難しい話でもないので、考え方をおさらいしておくのも悪くないと思います。

例えばトイレのブースパネルと通常の壁などでは巾木の納まりが違っているけれど、仕上材と高さを揃える事で統一感が出るとか。
巾木上に取り付ける消火器BOXの取り付け高さの考え方などについても話をしましたが、これは設計者と施工者とで考え方が若干違う部分でもありました。

巾木についての話はそろそろ終わりになりそうですが、最後に「巾木なし」の納まりがどのような場面で実現するか、というあたりについて考えてみたいと思います。

巾木を取り付ける主旨については今まで何度か紹介してきました。

・施工時に出来てしまう隙間を隠すため

・壁を汚れから守るため

上記のような機能が巾木には期待されるため、そもそも「巾木をなしにしたい」という考え方はそれ程多くは出てこないと思います。
巾木というのは昔からあるもので、昔からあるものにはきちんと存在意義があって簡単にはなくすことが出来ない、という考え方ですね。

しかし建物をどう見せるのかを検討するのは意匠設計者の役目であり、そうした中で出来れば床と壁の間に違う仕上材を入れたくない、という要望が出てくる事は充分に考えられます。

余計なものはなくしていく。

こうしたシンプルな考え方を突き詰めていくと、場合によっては巾木が邪魔に感じてしまう場合があるのかも知れません。
施工者側の感覚で話をすると、やはり床と壁の取り合い部分を隠すという目的で巾木を設置する訳ですから、その巾木をなくしたいという発想はなかなか出てきませんが…

まあこれは設計者と施工者の立場の違いによる感覚の違いなので、どちらが良いとかどちらが悪いなどの話ではありません。
ただ、巾木をなくすという事は、上記で挙げた巾木の役割を放棄するという事になりますから、見た目としても機能としても、あまり良くない状況になってしまう可能性があります。

そのあたりの話については、設計者もある程度そのリスクを知っておき、そのリスクを許容するかどうか考えてみる必要がありますが…
場合によってはそうしたリスクがそれ程多くない納まりパターンもあるので、今回はそうした納まりのパターンにどのようなものがあるのかを考えてみたいと思います。

□石張りの壁

壁仕上材を石にした場合には、その部屋のグレードなどをトータルで考えていくと、床仕上材も石になっている場合が多いです。
特に決まりがある訳では全然ないのですが、少なくとも床仕上材が長尺塩ビシートやビニル床タイルなどである可能性はかなり低いでしょう。

床仕上材が石で壁仕上材も石である場合、巾木をどうするかという考え方はあまりなく、壁仕上材をそのまま床まで下ろしていく納まりが一般的になります。

壁石と床石の取合い納まり

上図の納まりを見て頂ければ分かりますが、この納まりであれば、わざわざ巾木をどのように見せるかを考えずに壁として見せた方が良いですよね。
壁仕上材が石であれば、床掃除によって壁が汚れてしまうという懸念もなくなるし、床との取合いもシール納まりになって見た目としても問題ない、という感じになります。

□タイル張りの壁

壁仕上材がタイルの場合も、先ほど書いた石張りの場合と同様に、巾木という考え方が必要ない納まりになります。
似たような話になってしまいますが、壁仕上材がタイルであれば床仕上材も石やタイルなどになってくる可能性が高いです。

壁タイルと床タイルの取合い納まり

そうなると上図のような関係で納まっていく事になるので、壁仕上材が石張りの場合と同様に、巾木をどう見せるかはあまり問題ではなくなります。
床が勾配になっている場合があるので、床仕上げレベルが最も下がった位置に合わせて、一番下のタイルのレベルを決めておく、というのが注意点であるくらいでしょう。

巾木をなしにする場合についての話はもう少し続きます。

関連記事

  1. 見切り材で入巾木端部を納めた例
  2. 下がり側にランナーを流す納まり
  3. ビニル巾木のカタログ
  4. 入巾木の納まりイメージ
  5. RC壁+LGS入巾木納まり例
  6. 知識を積み上げていく事が重要