• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

入巾木で壁の性能が確保出来ない場合

巾木の納まりとして入巾木納まりを選択した際に、具体的にどのような問題点があるのか、というあたりについて今まで色々と考えてきました。
ただ、今まで挙げてきた問題点としては以下のような点がありますが…

・巾木の天端部分の納まりが綺麗にならない

・入巾木部分に隙間が出来る可能性がある

どちらも建物としての見た目があまり良くない状態になる可能性があります、というような方向性の話だったので、正直なところそれほど深刻な話ではありませんでした。
巾木部分に隙間が出来てしまったら、そこは目立たないようにシールで埋めるとか、そうした対応は後から色々出来るものですから。

ただ、余計な手間をかけない為には事前検討が重要という事と、そうしたリスクを考えると出巾木でも良いのではないか、という事を伝えたかった。
意匠的には出巾木にしても入巾木にしても、手間はかかりますが材料的には大きな増減がないので、コストとしてはそれ程変わらないという認識が意匠設計者にはあります。

そう考えると「どうせなら入巾木の方がちょっと格好良いかも」という安易な理由で入巾木を選択したくなる設計者もいるはずです。
確かにコストを考えるとそれほど大きな違いが出巾木と入巾木の間にある訳ではないので、意匠設計者の考えも間違っている訳ではありません。

しかしそこまで意匠的なこだわりがある場所なのか。

これが大きな問題として出てくるんです。
もちろん手間をかけていくべき場所は建物の中にたくさんある事は事実なので、そこを施工者として楽をするとかは考えません。
しかしそこまで意匠的に力を入れなくても良さそうな部分で、安易に入巾木納まりを採用するのは、出来れば避けた方が良いとは考えてしまう。

バランス感覚が重要

このあたりのバランス感覚は意匠設計者と施工者とで全然違う場合があるので、そこで意見がぶつかってしまう場合があるんですよね。
意匠設計者にも当然考えがあってそうした判断をしているのですが、その価値観が施工者とマッチしない場合がある、という感じです。

こうした見た目的な部分の判断は、色々と書いていますが、結局は意匠設計者の判断で決まっていくものなので、そうした方針にあわせて施工も進めていく事になります。
ただ、今回紹介する入巾木の問題点については、見た目ではなく建物の性能に関わるもので、他の部分への影響も結構大きいものがあります。

もちろん納まりとしてはきちんと対応すれば問題はないのですが、そこまでして入巾木を選択するか、というあたりを含めて考えてみたいところです。

□壁の性能を確保することが出来なくなる

かなり前置きの話が長くなってしまったので、先に結論を書いてしまうと、入巾木にした際に石膏ボードを巾木分だけ切り欠いて納める事に問題があります。
LGS+石膏ボード壁には様々な性能の組み合わせがありますが、耐火性能や遮音性能などで定める石膏ボードの枚数が、巾木部分で確保することが出来なくなる。

これが入巾木にした場合の大きな問題点になってきます。

建物には「防火区画」という考え方があって、建物を計画していく際には「防火区画」をどこに設定するかが、最も重要視すべき項目になっています。
万が一建物に火災が発生した際には、建物利用者が外に避難をするまでの一定時間、炎が建物全体に容易にまわらないようにする必要があります。

そうした性能を持たせる為には、建物をいくつかのゾーンに分けていき、そのゾーンとゾーンの間で容易に炎が通り抜け出来ないような計画をしていく事になります。
それが「防火区画」であり、その区画はしっかりとした耐火性能を持っている壁を形成する必要がある、という考え方になります。

防火区画を形成する壁にはLGS+石膏ボードの壁もあって、その場合にはきちんと認定された壁の仕様で施工をしていく必要があります。
しかし入巾木の納まりにした場合に、そのLGS+石膏ボードの関係が崩れてしまう、というのが問題になることに。

図面を交えた詳細の説明は次回に続きます。

関連記事

  1. RC壁+LGS入巾木納まり例
  2. 洗面カウンターの巾木
  3. 巾木の一例
  4. トイレブースのイメージ
  5. 耐火壁+入巾木の納まり例
  6. 壁タイルと床タイルの取合い納まり