• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

出巾木納まりの問題点を考える

前回は巾木の納まりのパターンとして「出巾木」の納まりを一通り紹介してみましたが、明確な出巾木のイメージは掴めたでしょうか。
結局全部の巾木納まりを紹介してしまいましたが、要するに全ての巾木仕上げで、出巾木の納まりを造ることが出来るという感じになります。

巾木の納まりとしては一般的、という表現を前回の説明では使いましたが…
壁の上からそのまま貼っていく納まりがほとんどになるので、まあ普通の納まりという表現は間違いではないでしょう。
もちろんこれは悪い意味で言っている訳ではありません。

「普通の納まり=つまらない納まり」という話では絶対になくて、特に問題のない納まりであれば変に凝った納まりにしない方が良いという話です。
こうした一般的な出巾木の納まりを避けて、あえて変な納まりを目指そうとすると、最終的には巾木をどう納めたかったのかが分からなくなってしまいます。

こだわるところはこだわっても良いのですが、こうした普通の部分でこだわってもあまり大きな意味はないので、力の入れ方を間違えないようにした方が良いです。
って、なんだか誰かに言っているような話になってしまいましたが、別に特定の誰かに言っている訳ではなくて、一般論としてそういう話という事です。

このように、見た目としては特に問題がない出巾木ですが、納まりとして気をつけておいた方が良い部分というのはいくつかあります。
今回はそのあたりの出巾木の注意点について考えてみることにしましょう。

まずは出巾木の納まりで問題になりそうな点をピックアップしてみると、以下のような項目を挙げることが出来ます。

・出巾木の出寸法が大きいと埃だまりになってしまう

・出巾木の出寸法が大きすぎると建具取り合いがおかしくなる

あまり問題点はありませんでしたね…
数少ないこれらの注意点さえきちんと押さえておけば、巾木の納まりと見た目としては、出巾木で納めていくことで全然問題はありません。

それぞれの項目について説明をしていくと、場合によっては入巾木に切り替えた方が良いのではないか、という話になってしまう場合もあると思います。
しかしそうした判断をする為に色々な取り合いの検討をしている訳ですから、納まりの検討をしていく中で方針を切り替えるのは良い事だとも言えます。

□出巾木の出寸法が大きいと埃だまりになってしまう

これは読んだままの問題点ではありますが、出巾木というからには巾木が仕上材の厚み分だけ出っ張ってくる納まりになります。
そうなると、仕上材が厚い石やタイルや木などでは、巾木天端に平らな部分が出てくることになって、そこに埃がたまってしまう事が考えられます。

もちろん定期的に清掃をすれば特に問題はないのですが、埃がたまりにくい納まりになるように調整していくという配慮が設計者や施工者には求められます。
その調整をする為には、埃がたまらないように巾木天端を斜めにする事がまずは考えられますが、見た目としてはちょっと微妙かも知れません。

出巾木の天端を面取りした納まり例

これは意匠設計者の好みに合わない納まりである可能性が高いですし、私も正直こうした納まりは好きではありません。
斜めにカットする手間もあるのでコストもかかってしまい、ちょっと誰も喜ばない納まりを紹介した感じになってしまいました…

これはちょっと我ながらダメな納まり例でしたが、もうひとつの解決方法としては、出巾木ではあるけれど少し出寸法を小さくする、という考え方があります。

出巾木の出寸法を調整した納まり例

こうして綺麗に納める為には、入巾木納まりのように壁面に少し細工というか準備をしておく必要がありますが、これで見た目と納まりが良くなるのであればやる価値はあります。
こうして納めることによってもうひとつの問題点も解決する事になるかも…という事で、ちょっと話が長くなってきたので次回に続く事にします。

関連記事

  1. 知識を積み上げていく事が重要
  2. 巾木タイルの小口を綺麗に納める
  3. 壁コンクリート+床石+石巾木の納まり
  4. ビニル巾木のカタログ
  5. RC壁+LGS入巾木納まり例
  6. 巾木の一例