• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

床段差位置の検討と構造体の関係

前回は床コンクリート段差とLGS位置との関係について、検討がうまく行かなかった場合にどうなるか、という部分を考えてみました。
結論だけをここで書いてしまうと、最終的には納まる事になるけれど、そこまで納めるには時間とお金が余分にかかる、という話でした。

最終的に同じ納まりになるけれど、検討が甘い場合は適切な納まりにする為に余計な手間とコストが必要になり、それは結局見えなくなる手間とコストになる。
これは施工者としては非常に困る状況で、こうした状況が連続してくると、見えないところに時間とお金がどんどん使われていってしまいます。

もちろん膨大なボリュームがある建築工事の中で、全てを適切に検討して納めていくのは非常に難しいものがあります。
人間のやることですから、時には納まりについての知識があったとしても、間違ってしまうことは当然出てくる話で、ある程度は仕方がない部分もあります。

ただ、何も検討をしないまま施工をどんどん進めていくと、膨大な量の工事全てでこうした間違いが発生してくる事になります。
こうなってしまうともう悲惨な状態になってしまい、その場その場で適切な納まりにする為に、色々な対応をしていくしかない、という状況になります。

施工者としては利益が少なくなってしまう、もしくは赤字になってしまい、しかもそんなやり方では良い建物を造るのは難しい。
そうなると設計者も施主も喜ばないという、誰も嬉しくないプロジェクトになってしまうので、やはり図面での事前検討がどれだけ大切なのか、という話でした。

今回はこの床段差の納まりについてもう少しだけ話をしていく事にして、最終的に床段差と構造体との関係も含めたまとめ的な話をしてみたいと思います。
まずは以前紹介した、床コンクリートの段差とLGSとの関係の適切な納まりパターンを、もう一度ここで出してみることにします。

下がり側にランナーを流す納まり

こうした納まり検討によって、最終的な床コンクリート段差位置が決まることになり、それが床梁の位置にも影響を及ぼすことになります。
梁の配置はある程度構造図によるのですが、床段差の位置にあわせて小梁の位置は微調整をかけることになるので、今回例に出した納まりで言うとこんな感じになります。

RC造の場合の床段差と梁の関係

下階の天井裏スペースの事も考えていくと、梁のレベルについては下げないで済むのならむやみに下げない方が良いです。
そうした考えで納まりを検討していくと、上図のような納まり関係になってきます。
上図は鉄筋コンクリート造の納まりですが、鉄骨造の考え方も似たような感じになりますが、鉄骨の場合は下がった側に合わせた鉄骨梁レベルの方が納まりが良いかも知れません。

S造の場合の床段差とS梁の関係

こうして構造体の位置とレベルが決まることになるので、床コンクリート段差の検討と言っても、それが様々な場所に影響を与えてくる、という事が分かってきます。
もちろん上記のようにぎりぎりを狙う納まりが良いかどうかは微妙なところで、後で変更があっても大丈夫なように、梁位置を少し逃げておくという考え方もあります。

ただ、どこまで逃げておけば後で発生するかも知れない変更に対応出来るかというと、それはもう誰にも分からない事です。
であれば、今の状態でしっかりと納まる位置で決めてしまう、と言う考え方でも、特に問題はないのではないかと思ってしまいます。

このあたりの判断は難しいところですが、少なくとも上図のような納まりにしておく事で、現状の壁位置であれば色々な取り合いがきちんと納まることになるのは間違いありません。
どこまで逃げを見ておくかの判断はさておき、まずはこうした納まりをきちんと押さえて色々な位置を決めていく、という流れを覚えておきましょう。

関連記事

  1. 和室の真壁イメージ
  2. 入巾木の納まりイメージ
  3. ビニル巾木のカタログ
  4. 壁打放しコンクリート+床タイル巾木タイル納まり
  5. 外壁タイル勝ち納まり
  6. 洗面カウンターの巾木