• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

シャッターの考え方と基本納まり

天井に取り付けられる器具は設備だけではなく、建築工事としても天井に取り付ける器具があるので、そのあたりも表現して設備との調整が必要になります。
前回はそのような話を取り上げて、具体的にはどのような器具が建築工事として取り付けられることになるのか、という話をしました。

・シャッター

・シャッター用点検口

・自動ドアセンサー

・自動ドア用点検口

・防煙垂壁(固定・可動)

・可動防煙垂壁用点検口

あまり種類としては多くはありませんが、どの器具も建物に求められる性能を満たす為に必要なものばかりなので、欠かすことは出来ません。
これらの器具の納まりをきちんと押さえておき、天井検討をする際に図面に盛り込んで設備との関係を調整していく、という検討の流れになってきmす。

今回からは上記の器具についてそれぞれを簡単に紹介していき、納まりのポイントなども簡単に説明していくことにします。
天井裏に入れておく必要がある器具に関しては、上階梁との関係だけではなく、天井裏の設備配管などとの関係を確認しておかないと納まらない場合が多いです。

天井裏は基本的に設備に世界になるので、それを無視して建築だけで器具を入れていくことは、可能ではありますがあまりお勧めは出来ません。
設備関連との納まり確認をする為には、どのような関係で天井裏に器具が入るのかなどを把握しておく必要があるので、今回はそのあたりの説明をしていこうと思います。

まずはシャッターからですね。

シャッターというのは、鋼製かつ横長の部材を連結した扉を天井裏スペースに巻き取っておき、火災時などに下ろしてくる目的で設置する建具になります。
うーん…これはちょっと説明が難しいですね。

何度も書き直しましたが結局分かりにくいままなので、ここは残念ながら写真の力を借りて説明をする事にしましょう。
これがシャッターです。

シャッターのイメージ

建物には、火災時に建物全体に炎が回ってしまわないようにという目的で、一定の範囲ごとに「防火区画」と呼ばれる区画を設ける事が建築基準法で定められています。
また、一定の範囲に必要な防火区画とは別の規定によって、吹抜部分には同じように防火区画を設けることがやはり建築基準法によって定められています。

吹抜部分で火災が発生した際に、炎が全てのフロアにまわってしまわないように、という目的で吹抜部分には防火区画が必要になるのでしょう。
ただし、こうした理屈はよく分かるのですが、吹抜部分に防火区画の壁を設置してしまったら、それはもう吹抜とは呼べない状態になってしまいます。

それでは吹抜を設けた意匠的な狙いが台無しになってしまうので、通常時は壁が存在していない状態で、非常時だけ防火区画を形成することが出来るシャッターが採用される事になります。
こうした理由から、商業施設のエスカレータ廻りとか、吹き抜け廻りなどではほぼ間違いなくシャッターが配置されることになるはずです。

また、防火区画以外の部分でも、例えば店舗の入り口などで、大きな開口が必要でなおかつ扉を見せたくないような場所でもシャッターは採用されます。
これは防火区画の形成という目的ではなく、あくまでも大きな開口に対してスッキリと扉を収納したいという目的で利用されます。

シャッターの納まり断面

目的がどうであれ、シャッターの基本断面は上図のような納まりになっているので、天井面には「まぐさ」と呼ばれるシャッターが下りる部分が見えてくる納まりになります。
また、基本的にシャッターの可動部分は天井裏に納まることになるので、何かがあった際にメンテナンスをする必要があり、その為に天井点検口が必要になってきます。

シャッターの周辺には、天井面にまぐさ部分と天井点検口が必要になっていて、それが他の設備器具と干渉しないように調整をしていく事になります。
シャッターの位置を動かすことは難しい場合も多いので、シャッターを逃げた位置に設備器具を配置していく事が求められます。

天井取合い納まりの注意点としては、シャッターの巾と高さによって天井裏に必要なスペースは変わってくるという事があります。
必要な寸法はシャッターを製作している企業に確認していくしかありませんが、場合によっては天井を下げる必要が出てくる事もあるので、早めの確認が重要になってきます。

関連記事

  1. 天井取付け器具は各業種の調整が必要になる
  2. 天上レベルとS梁の関係例
  3. ガラス防煙垂壁のイメージ
  4. 天井アルミパネルの一例
  5. 岩綿吸音板直貼り用のビス
  6. 天井内配管のイメージ