• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

岩綿吸音板の特徴と基本納まり

前回は天井仕上材としてアルミパネルの特徴と納まりについて説明をしました。
最初に取り上げておいてちょっと言いにくいのですが、建物全体の中で考えると天井仕上材をアルミパネルにする部屋というのはあまり多くはないと思います。
逆にそれだけグレード感のある仕上材という事も言えるでしょう。

主に建物のメインとなる限られた場所で、壁仕上材と合わせて検討をしていき、アルミパネルが採用されることになる、という感じではないかと思います。
あまり頻繁に出番が回ってこない仕上材とも言えますが、まあこれはグレード感を考えれば当たり前の事なのかも知れません。

一番最初に説明した仕上材が、実際にはそれ程頻繁に使っていないものだと言うのは、ちょっと説明する順番としては上手くなかったような気もしますが…
今回紹介する天井仕上材は、前回紹介したアルミパネルよりも非常に使用頻度が高い天井仕上材いうことで、岩綿吸音板を取り上げてみたいと思います。

岩綿吸音板(がんめんきゅうおんばん)はロックウール化粧吸音板とも呼ばれている商品で、天井仕上材としては非常に有名な製品になります。

ロックウールと呼ばれる製品を加工して板状にしたもので、断熱・不燃・吸音性能を持っている非常に優れた天井仕上材だと言えるでしょう。
見た目も非常に良いので、非常にバランスの良い天井仕上材として、色々な部分に採用されることになると思います。

そもそもロックウールとは何か、という話をここで考えてみると、鉄を製造する際に発生する「スラグ」を溶かして細い繊維状にしたものをロックウールと呼んでいます。
スラグは鉄を製造する際に必ず発生するもので、扱いとしては産業廃棄物という事になるので、何か有効利用出来ないものかと考えられていました。

そうした原材料を性能の高い天井仕上材に加工しているという事で、リサイクルという観点から見ても岩綿吸音板は非常に優れた建材だと言えます。
岩綿吸音板のイメージはこんな感じです。

岩綿吸音板のイメージ

岩綿吸音板の種類は、表面の見え方や柄などの分類が幾つかありますが、基本的には表面に模様が付いた白系の材料になっています。
ちょっと意匠的に色々やりたいと思った場合には、表面が凸凹している商品などもあるので、選択肢としては色々あって意匠設計者にはちょっと嬉しい天井仕上材でもあります。

リブが付いた岩綿吸音板

部屋によっては天井の表現を変えたくなる場合は結構あるので、そうした場合には上記のような凸凹がある岩綿吸音板を採用していく事になります。
こうした天井仕上材は、個人的な感想になってしまいますが、マンションのエントランスなどで採用される場合が多いような気がします。

平らな岩綿吸音板と比べてしまうと確かにコストとしては高くなる方向になってしまいますが、表面に凸凹を追加するというのは、色を変えるよりも全然効果が高いものです。
そういった意味では、ちょっと特殊な岩綿吸音板を採用するという考え方は、意匠的に力を入れたい部屋では全然アリだと思います。
基本的なサイズは600mm×300mmで厚みは色々ありますが、最も一般的に利用されている岩綿吸音板の厚みは12mmが基本になっています。
そして、岩綿吸音板は基本的に下地に対して接着剤で止めていく納まりになるので、岩綿吸音板を貼る為に石膏ボードを1枚張っておく必要があります。

岩綿吸音板の納まり

下地として張っておく石膏ボードの厚みは特に指定はありませんが、もっとも一般的な12.5mm厚を張っておく場合が多いです。

関連記事

  1. 施工誤差0は難しい…
  2. 天井間接照明のイメージ
  3. 岩綿吸音板の割付例
  4. 天井塗装仕上のイメージ
  5. 化粧ケイカル版天井のイメージ
  6. シャッターのイメージ