• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

メラミン化粧板とアルポリック

前回は石膏ボードに後から貼るだけでOKという仕上材を取り上げてみて、具体的な商品名としてはDボードの特徴と納まりを紹介してみました。
表面が化粧された仕上材を貼っていく、というのは仕上工事としては非常にシンプルな状態なので、施工も比較的簡単になります。

しかも表面が非常に美しく、色や柄の選択肢も豊富になっているので、コストが許せばという条件がありますが、積極的に採用していきたい仕上材です。
Dボードで表現される木目などの見た目は、やはり塗装ではなかなか表現する事が難しいですから、場所によってはDボードしかないという状況もあったりします。

今回はそうした仕上材についての話を続けることにして、メラミン化粧板とアルポリックの特徴などを紹介していきたいと思います。
まずはメラミン化粧板からです。

□メラミン化粧板

メラミン化粧板には様々な商品があるので、一部の商品名だけを紹介するのが難しいのですが、メラミン樹脂を高圧でプレスした化粧板になります。
ダイノックシートと同様見た目のバリエーションは非常に多く、しかも厚みが3mm程度と薄くて施工性が良いという特徴を持っています。

納まりは結局Dボードと同じく石膏ボードに接着貼りになるので、板の厚みが違うだけの納まりになるので、下図のような関係になります。

メラミン化粧板の納まり例

シンプルな納まりですが仕上がりは非常に綺麗なので、最近はトイレの壁などで非常によく見かけるようになりました。
ちょっと昔であればトイレの壁はタイルが多かったのですが、最近はこうした仕上材の方が多くなっているのではないかと思います。

メラミン化粧板の仕上例

Dボードにも同じ話が言えますが、こうした塩ビ系の化粧材が進歩してくると、本物の木を壁に貼る機会がかなり少なくなっていくような気がします。
実際の話として、こうした説明を書いている今現在でも、余程のこだわりがない限りは本物の木を壁に貼っていくことは少なくなってきています。

プリントされた木目の仕上材を使うことが良いことなのか、それとも悪いことなのか、という判断を私がすることは出来ませんが、少なくとも効率化はされています。
見た目が美しくて施工もスムーズであるのなら、それは少なくとも悪い方向に向かっているのではないのではないか、と思います。

□アルポリック

Dボードもメラミン化粧板も、もちろん単色の柄もありますが、選定する柄の多くは木目になる場合が多いことになると思います。
しかしここで紹介するアルポリックという商品はそれとはちょっと違っていて、アルミパネルの外見を持っている仕上材になるんです。

アルミカットパネルは基本的に全てアルミで出来ています。
…と、ちょっと当たり前の事を書いてしまいましたが、なぜこのような事を書いたのかと言うと、アルポリックはちょっと違うからです。

アルポリックの断面構成

樹脂製のコア材をアルミの薄い板でサンドイッチしているので、アルミを使用している量はアルミカットパネルよりも圧倒的に少なくなります。
と言うことはつまり、価格はアルミカットパネルよりも安価になる事になり、見た目はアルミパネルに見えるという良いところ取り状態に。

とは言っても、心材が黒っぽい樹脂になるので、目地部分をよく見ると樹脂が見える状態になっているので、天井仕上材で使った方が良いかも知れません。
もちろん壁仕上材としても使えるので、小口以外は本当に美しい仕上になりますから、コストの事を考えるとメリットは非常に大きいと思います。

関連記事

  1. 定番が一番の場合は結構多い
  2. 耐火性能のイメージ
  3. 45二丁タイルの立面図
  4. エントランスホールの一例
  5. S造のALC壁イメージ