• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

アルミカットパネルと曲げパネルの違い

前回はアルミ曲げパネルの納まりについて簡単にではありますが、図面を交えて説明をしてきましたが、何となく雰囲気は伝わったでしょうか。
アルミ曲げパネルも建物の外部で結構採用されることになる材料ですので、納まりの基本的な考え方をまずは押さえておくと後が楽になります。

さて、今回はそんなアルミパネルについてもう少し調べていくことにして、アルミカットパネルとアルミ曲げパネルとの違い、という部分を考えてみることにします。
単純な性能的な面で比較をすると、アルミカットパネルもアルミ曲げパネルも似たような性能ですからほぼ変わらないという事になります。

ではどこで差が付いていくのかというと、簡単に言ってしまえばコストと見た目ですね。

アルミ曲げパネルの特徴について、アルミカットパネルと比較して考えてみると、まず考えられるのがコスト的なメリットが結構ある、という点になります。
アルミ曲げパネルはアルミカットパネルに比べると板厚が薄くなる傾向にあるので、コスト的な面ではやはり有利になっていく傾向にある訳です。

素材としてアルミを見せたい場合や、外部の雨がかり部分で金属パネルを採用したい場合など、アルミを選定したい場面は結構多いものです。
しかしアルミカットパネルはコスト的にちょっと難しい、というような事になった場合に、今回紹介するアルミ曲げパネルであれば検討出来るかも知れません。

こう書いてしまうと、妥協をしてアルミカットパネルから曲げパネルにグレードを落とす、みたいなネガティブな感じになってしまいますが、そんな感じでは決してありません。
外壁として金属パネルを使用したい場所で、カットパネルが適していない場所もあるので、色々な選択肢のひとつとしてアルミ曲げパネルが用意されている、という事です。

納まりについて考えていくと、カットパネルも曲げパネルも正面からビスで止めるという考え方になるので、そこはそれ程大きく変わることはありません。
ただ金属全般として見た時には、板を曲げて納めていくという考え方が多く、アルミ曲げパネルの納まりパターンはかなり一般的な納まりと言えます。

こうした納まりの考え方はアルミパネルだけではなく、別の金属パネルの納まりでも適用できることになるので、まずは基本納まりを覚えておくことをお勧めします。
スチールパネルやステンレスパネルの納まりについては次回に説明をしていく予定ですが、その際の納まり図を見るとあまり違いがないことが分かるはずです。

アルミ曲げパネルはコスト的なメリットがある(カットパネルよりも比較的安価)という話でしたが、こうしたメリットがそのまま全ての方向で有利に働く訳ではありません。
これは当たり前の話ですが、念のため押さえておいた方が良い知識ではあるので、ここで簡単に説明をしていくことにします。

コスト的なメリットがある代わりに、アルミ曲げパネルにはアルミカットパネルのようなエッジを出す事が出来ないという特徴があるので、意匠的にちょっと弱い部分があるんです。
このあたりの違いというのは意匠的にかなり致命的になる場合もあるので、採用する場所によってそのあたりの見せ方を意識した区分が必要になってきます。

アルミカットパネルと曲げパネルの比較

左側に作図したアルミカットパネルと、右側に作図したアルミ曲げパネルと、やはり意匠的にはアルミカットパネルの方が優れていると言わざるを得ません。
アルミパネルは2mm程度の厚みになるので、曲げる部分でどうしてもRが大きくなってしまいがちで、角がシャープに見えないんですよね。

あとはシールの色をどうするか、という話になってくるのですが、これはアルミ曲げパネルの色と比較して選定していく事になります。
一般的にはアルミパネル色よりも少し暗い色が無難かも知れません。

ちょっと大雑把だったかも知れませんが、アルミカットパネルとアルミ曲げパネルに違いについてはこんな感じで終わりにしておきます。
見た目を重視するならカットパネルを採用した方が良く、シール納まりでもも良い場合にはアルミ曲げパネルを採用する、という感じですね。

こうした特徴を踏まえて適切な仕上材を選定していくのは意匠設計者の役割なので、正しい判断が出来るように、ある程度は知識を蓄えておいた方が良いと想います。

関連記事

  1. 人に聞く事が恐らく一番重要な要素
  2. テーパーエッジの継ぎ目処理
  3. ラーメン構造と壁構造
  4. このカテゴリでは壁の話をします
  5. AW開口をタイルに合わせて調整した図面
  6. 45二丁掛けタイルの施工例