• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

外装タイル割付の考え方

内壁にタイルを貼っていく納まりは、壁下地にタイルを接着貼りしていくというシンプルなものになっていて、タイルが建具に取り合う部分についてはシール納まりになる。
このような話を前回までの話では取り上げてきました。

外壁のタイルについても、アルミ建具との取合いがシールになっていたはずなので、外壁も内壁も基本的には建具まわりをシールで納めるという事になります。
このあたりの納まりは建物によって大きく違ってくるようなものではないので、基本的な納まりを覚えておけば検討がスムーズに進むようになります。

こうした知識を踏まえて、今回は引き続きタイル関連の話という事で、外壁のタイルをきちんと割り付けする具体的なやり方について説明をしていこうと思います。
建物の外壁仕上をタイルにしたい、という場合には、意匠的な問題として必ずタイル割り付けの検討が必要になってきます。

外壁タイル割付けの方針というのは、鉄筋コンクリート壁やECPの位置など、色々な部分に影響を与える事になるはずです。
後でそれを調整するのは意外に大変なことなので、出来れば事前にきちんと検討をしておき、その結果を壁下地に反映させていくというやり方がお勧めです。

という事でまずはタイル割付けの基本から。
以前も取り上げましたが、タイルというのはあらかじめ決められたサイズで製造・販売されている商品なので、そのサイズを優先させなければなりません。

もちろん300mm×300mmのタイルを全て270mm×270mmにすることは、タイルを切れば良い話なので可能ではありますが…
全てのタイルを切るのはかなりの手間になりますし、切った残りのタイルはサイズ的に使えないという事もあるので、コストを考えるとやめた方が良いでしょう。

それならば、もともと設定されているタイルの大きさを生かして、それが綺麗に並ぶようなレイアウトを計画した方が話が早い、という事になります。
タイルのサイズありきで考えて、そのサイズが綺麗に並ぶように計画をしていく、という考え方がタイル割付けの基本です。

具体的な例を出してみると…
例えば外壁でよく採用される「45二丁掛け(よんごにちょうがけ)」と呼ばれるタイルがあり、このタイルのサイズは45mm×90mmになっています。

今回の例では、タイルの厚みは7mm程度、壁下地に対するモルタル補修を5~6mm程度とし、貼付けモルタルの厚みを2mmと考えて、貼り代は15mmと考えます。
イメージはこんな感じで、商品としてコーナー部分のタイルも用意されています。

45二丁タイルのイメージ

上記のようなタイルを、例えば900mm×900mmの鉄筋コンクリート柱に貼っていく場合について考えてみることにしましょう。
まずは構造体だけの図面を表現すると、このような平面図・立面図になっています。

RC柱の平面図と立面図

まずはタイルの基本パターンですが、45二丁掛けタイルの場合は目地5mmが基本になりますので、目地を含めると50mm×100mmというサイズ感になります。
タイル貼りのパターンはいくつかありますが、今回は最もオーソドックスな通し目地(もしくは芋目地)と呼ばれるパターンで並べていくと、こんな感じになります。

45二丁タイルの立面図

このパターンを先ほどの900mm×900mmの柱に当てはめてみると、タイル仕上面として柱サイズは15mm+900mm+15mmなので930mmということになりますが…
タイルのサイズは決まっている関係で、タイルの端部寸法は必ず「100×タイル枚数+95」という関係になってきます。

900角のRC壁にそのままタイルを貼った場合

今回の例で言えば、近いのは895mm・995mmあたりですが、少なくとも930mmの仕上面ではタイルが綺麗に並んでこないことが分かります。
このあたりをすり合わせていくのが納まり検討という事になる訳です。
実際にどう調整していくのか、というあたりの話は次回に続くことにします。

関連記事

  1. スチールパネルの納まり例
  2. RC下地石壁の一般納まり
  3. ALCの表面イメージ
  4. 下地位置を調整してタイルを割り付けた例
  5. CADでは精度良く作図が出来る