• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

石の厚さについて考える

前回は壁仕上材として石を採用した場合の具体的な納まりを紹介しました。
石の小口にダボピンを入れる穴をあける関係で、30mm程度の厚みはどうしても必要になってきて、それを含めると仕上代は120mm程度と結構大きくなってしまいます。
ダボピン用の穴付近で石が割れたりしないように、という事を考えると、安全を見て本当はもう少し石が厚い方が良いのですが…

壁の石厚が大きくなるとその分使用する石の物量が増えていくことになり、そうなるとコストも当然増えていくという、あまり嬉しくない事態になります。
石の厚みにこだわってもあまり見た目は変わりませんので、コストを意識して出来るだけ石を薄くしたい! と考えるのが施工者の性だと思います。

実際のところ、思い切って石の厚みを40mmにしたところで、部屋全体の雰囲気自体は変わることがないはずです。
「厚みのある石を使ってる」という気持ちで建物を見れば、少し雰囲気が違って見える可能性もありますけど、それは恐らく作り手側の満足感だけの話。

そうした状況を色々と考えていくと、やはり壁の石は結局30mm厚になっていくのだろうな、と個人的には思っています。
厚い石を採用した場合、壁を叩いた時の感触が少し違ってくるかも知れませんが…こうした変化に大きなコストをかけるのはちょっとリスキーな気がします。

見えない部分にこだわりがあるのは悪い事ではありませんが、対費用効果を考えるとなかなかそうした決断をすることは出来ないものです。

私が石の納まりを勉強した際には、もうちょっとシンプルな納まりになるのではないか…と思ったりもしましたが、今のところ金物を引っかける納まりが主流になっています。
なぜ接着剤で固定するのではなく手間がかかる金物を使うのか、という点について考えてみると、恐らくは石の大きさが要因になっているのかなと思います。

石というのは工場で任意の大きさに加工することが出来るので、意匠的な観点から考えると、小さく切っていくのではなく、出来るだけ大きな石を使いたくなるもの。
そうなると1枚の石はかなりの重量になってくるので、その重量を持つ石を固定するには、接着剤ではちょっと足りないという事になってしまいます。

かと言って、接着剤で貼ることが出来るくらいの大きさにしてしまうと、もうそれはタイルとの違いが全然出ないという事になってしまいます。
そうした色々を考えていくと、結局壁仕上材として石を採用する場合には、金物を使って石を押さえていくという考え方になっていくのでしょう。

ちなみに、モルタルや接着剤などを使用しないで、前回紹介したような金物を使用して部材を固定していく方法を「乾式工法(かんしきこうほう)」と呼んだりします。
一方でモルタルや接着剤などを利用して仕上材を固定していく方法を「湿式工法(しっしきこうほう」と呼び、納まりの考え方を明確に区分しています。

湿式工法と乾式工法

もう少し後でタイルについての説明をしていきますが、タイルは湿式工法で固定していく納まりが一般的で、石は乾式工法で固定していく納まりが一般的になっています。
ちょっと先走ってタイルの話までしてしまいましたが、タイルの納まりについての話は今回のテーマではありませんでした…

ちょっと話が分かりにくくなってしまい申し訳ありませんが、結局壁として石を採用するのであれば、石の厚さはやはり30mmは必要という話でした。
前回と全く変わらない結論になってしまい、あまり実りのある話になっていない感じもありますが、次回は石の仕上代についてもう少し考えてみることにします。

関連記事

  1. 外壁建具タイル抱き納まり
  2. セラールの施工例
  3. このカテゴリでは壁の話をします
  4. 下地位置を調整してタイルを割り付けた例
  5. SUS鏡面パネルの建物例
  6. コンクリートブロック