• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁の表面を仕上げる材料たち

今まで色々と壁の下地関連の話をしてきて、全てを説明出来ている訳ではないかも知れませんが、大体のところは紹介出来たのではないかと思っています。
鉄筋コンクリート壁・ALC・ECP・鉄骨下地・LGS・石膏ボードと、外壁に向いている壁下地から内壁でしか採用出来ない壁まで様々でした。

「壁下地」という分類と「壁仕上」という分類が、納まりを覚えていく上で分かりやすいかどうか、という部分については正直言ってあまり自信がありませんが…
こうした分類で説明をしていくことによって、色々な材料の話が繋がってくるのではないかと思ったり期待したりしながら、このような順番での説明をしてきました。

これが正解だったかどうかは、一通り説明を書き終えてチェックをかけてみるまで分からない部分でもあるので、今の時点ではっきりとした事は言えないんですよね。
なので、ここでは最初の方針を守って説明を進めていくことしか出来ません。

と言うことで、今まで説明をしてきた下地についての話を踏まえて、今回からはその表面に取り付けていく、あるいは張っていく仕上材についての話に進んでいこうと思います。
まずは壁仕上材にはどのような選択肢があるのかという話からで、下地について説明していく中で何度も出てきた材料もありますが、ここで一旦箇条書きにしてみます。

・石

・タイル

・金属パネル

・塗装

・ビニルクロス

・既製の化粧ボード

・素地

壁の仕上材としてよく選定されるのは上記になります。

もちろんイレギュラーな材料としては、ファブリックウォールなどを含めて色々なものがありますが、まずはメジャーなところから押さえておく方が早いです。
毎回書いているような気もしますが、基本的な部分の納まりをきちんと把握さえしておけば、その後の応用は結構簡単なものですから。

こうしたイレギュラー的な仕上材については後で時間が出来たら取り上げていくことにして、まずは上記の仕上材の納まりを詳しく説明していく事にします。
ただ、それぞれの仕上材についての説明に入る前に、まずは上記の壁仕上材のグレードがどのような感じになっているか、というあたりを考えてみましょう。

ここでわざわざ書くまでもない事ではありますが、建物で最も見た目を気にするのは、建物を正面から入っていく部分という事になります。
メインエントランスとかエントランスホールとか風除室などと呼ばれるゾーンは、建物を訪れる人が最初に見るものなので、これである程度建物のグレードが分かってしまったり。

エントランスホールの一例

もちろんここだけを急激にお金をかけて凝ってみても、他の部分とのバランスが悪い場合には、おかしい見た目でしかありません。
そんな事をやっても建物を利用する方はそれ程気に掛けないかも知れないし、高級な仕上の隣があまりにも安っぽくなってしまうのも残念すぎます。

ちょっと極端な例を出してしまいますが、木造の一軒家を建てる際に、一番の見せ場だからと言って急に玄関周りをガラス建築にしても変なだけです。
こうしたアンバランスがないように、意匠設計者であればある程度設計する建物のグレードを意識しながら検討を積み重ねていく事になるかと思います。

こうしたグレード感という側面から考えてみると、上記の壁仕上材はグレードが高い順番に、以下のような並び順になってきます。

石 > タイル・金属パネル > 化粧ボード > 塗装 > ビニルクロス

もちろんこうした序列は私の個人的な感想で、上記が絶対に正しいという話ではありませんが、およその目安にはなるはずです。
少なくとも壁を石で仕上げる方が、ビニルクロスを貼ったり塗装をしたりするよりもグレードは間違いなく高いものです。

こうした点を踏まえて、全体の仕上グレードを意識しつつ、なおかつ意匠的に力を入れる部分はきちんと納まり検討して方針を決めていく事が意匠設計者には求められます。
これはやってみると分かりますが、結構大変な検討になる場合もあるので、出来るだけ早めに検討をしておくことをお勧めします。

という事で、次回からは上記で挙げてみた壁仕上げの納まりを、具体的な数値を含めて説明していこうと考えています。
それぞれの壁仕上材は、壁下地が何なのかによって納まりが結構違ってくることになりますので、そうした納まりの違いなども紹介していく予定です。

関連記事

  1. AW開口に誘発目地を考慮した納まり
  2. 化粧ケイカル版の一例
  3. 45二丁タイルの立面図
  4. 耐火性能のイメージ
  5. 壁タイル貼の一般的な納まり
  6. ECPと床コンクリートの納まり