• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

LGS壁をどこまで伸ばすか

前回はLGSの足元納まりについての話とか、LGSをどんなピッチでたてていくか、というあたりの具体的な説明をしてきました。
石膏ボードを張る枚数によって壁の強度が変わってくる事、そしてそれを補う為にLGSのピッチを細かくするなどの話がありました。

ただ、実際の施工をするのは施工者の中でも軽量鉄骨を専門に施工する人になるので、ランナーの納まりなどは別に知らなくても問題はないと言えばないです。
各所の納まりを検討する際には、LGSの巾さえ明確になっていれば、LGSがどのようなピッチでたっていてもあまり納まりには影響しないという現実もあります。

しかし設計者であっても施工者であっても、自分で検討をする建物であれば、細かい部分が具体的にどう納まっているのかを知っておく事は悪い事ではないはずです。
そういった理由から、ある程度細かい部分の納まりであまり業務に影響がないかも知れなくても、知識として持っておく為に色々と説明をしています。

設計と実際の納まりと

建物全体について考えるのが意匠設計者の役割だから、あまり細かい部分の納まりを知っていてもそれほど関係ない、という意見もあります。
これは確かに正論でしょう。
とは言っても、あまりにも納まりについての知識がないことが分かってしまうと、あまり尊敬されない事になってしまうので、仕事としてはやりにくくなると個人的には思います。

施工者でもそれは同じで、恐らくゼネコンに所属している方であれば、実際にLGSを自分でたてる作業をする機会は全然ないはずです。
ゼネコンに所属する方の仕事はLGSをたてる事ではなく、LGSをたてる作業のプロを適切な時期に呼ぶことですから、どうしてもそうなる傾向にあります。

しかし実際に作業の指示をするのはゼネコン側になるはずなので、何も納まりや専門用語を知らないような人ではなかなか指示が難しくなってくるんです。
そういった理由があるので、設計者も施工者もある程度細かい納まりについての知識を持っておくことが必要になると思います。

さて、少し話が逸れてしまいましたがLGSについての話に戻ると、今回LGSの納まりについて取り上げておきたいのが「LGSをどこまで伸ばしていくのか」という話です。
LGSが床コンクリートとどのような関係になっているかという話は前回取り上げました。
床コンクリートに「ランナー」を流してそこにLGSをたてるという話でしたが、今回はそのLGSが上まで伸びていった際にどのような納まりになるのか、という話です。

LGSをどこまで伸ばしておけば良いのか、という質問に対する回答は2通りあります。

・上階の床コンクリートまで伸ばす

・天井までで止めておく

これはLGS壁の納まりにかなりの影響を与える項目になるので、まずはこの区分をきちんとやってから細かい検討に進んでいく必要があります。

ただ、この検討を進めるには色々な要素を頭に入れておく必要があって、これがそう簡単にはいかないという現実があるのですが…
ここではまず純粋に納まりについてだけを説明しておくことにして、区分をしていく要素については改めて説明をしていくことにします。

恐らくそうしないと、LGSの納まりを紹介するまでにかなり長い説明をしていく必要があって、話がなかなか進まない事になってしまいます。
それはさすがに分かりにくいので、まずは基本納まりを覚えてしまい、それをどのように使い分けるかについては後で詳しく説明、という感じで進めていきます。

ちょっと話が長くなってしまったので、上階の床コンクリートまでLGSを伸ばす場合と、天井まででLGSを止めておく場合の具体的な納まりについては次回に説明することにします。

関連記事

  1. ALCのイメージ
  2. ECPと床コンクリートの納まり
  3. RC下地石壁の一般納まり
  4. 人に聞く事が恐らく一番重要な要素
  5. メラミン化粧板の仕上例
  6. 45二丁タイルの立面図