• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

LGS壁の具体的な納まり

前回は壁下地としてLGS(軽量鉄骨)と呼ばれる部材について、いくつかある規格の寸法やその使い分けの条件などを紹介しました。
内壁の下地としてLGSは圧倒的な割合で採用されることになるはずなので、LGSの規格やその条件などはしっかりと覚えておいた方が良いと思います。

とは言っても、LGSが使われる頻度がかなり高いせいもあって、頑張って覚えようとしなくても自然と頭に入ってしまうとは思いますが…
今回はそんなLGSが具体的にはどんな納まりになるか、というあたりについて、具体的な寸法を含めて紹介をしていくことにします。

まずはLGSの足元についてですが、LGSの足元には必ず「ランナー」と呼ばれる部材が配置される事になります。
…という表現はちょっと違いました。

LGSを立てる為にはまず「ランナー」と呼ばれる部材を流して設置していき、その上にLGSをたてていく必要がある、というイメージです。

ランナー内にLGSをたてる

上記のようにランナーはLGSよりも2mmサイズが大きいです。

同じ大きさではランナーの中にLGSを入れることが出来ないので、少し大きめになるのは当たり前の仕様という事になると思います。
その上に何かを貼る場合に、この2mmという寸法が微妙に影響してくることになる可能性もあるので、この寸法関係は知っておいた方が良いでしょう。

次にLGSをたてるピッチについて。

LGSのピッチはLGSの上に何を貼っていくのかによって少し変わってきますが、最も多いのはLGSの上に石膏ボードを張るパターンです。
石膏ボードを1枚しか張らない場合は303mmのピッチでLGSをたてていく必要があり、石膏ボードを2枚張る場合は455mmのピッチでLGSをたてる、というのが基本ルールです。

ランナーとLGSの関係イメージ

なぜこのような区分をするのかというと、石膏ボードを1枚しか張らない場合は、壁の強度があまり強くないので、下地を細かく入れておく必要があるんです。
しかし一方で石膏ボードを2枚張る場合には、壁の強度としては石膏ボード2枚が結構利いてくるので、下地であるLGSはそこまで細かく入れなくても良い、という事になります。

こうしたピッチにはもちろん理由があります。

石膏ボードは基本的に910mm×1820mmというサイズになるので、その製品をきちんと両端で固定するには、910mmを割り切れるピッチでLGSをたてておく必要があるんです。
先ほど紹介した303mmというのは910mmの三分割で、455mmというのは910mmの二分割という事になり、図面としては下図のようになります。

ボード2枚貼の場合のLGSピッチ

場所にもよりますが、LGS下地に石膏ボードを1枚しか張らないという納まりだと、壁の強度として結構心配な部分もありますので、出来れば石膏ボードを2枚張ることをお勧めします。
石膏ボード1枚の壁だと、壁が強い衝撃を受けた際には、どうしてもその力に抵抗することが出来ずに割れてしまったりする場合があるんです。

また、石膏ボードの上に塗装などをかけた場合でも、1枚貼りの場合はどうしてもひび割れが発生してしまう可能性があるので注意が必要になります。
実際は物理的に弱いという話になるので、注意するとといってもなかなか難しくて、いくら頑張っても経年によるひび割れは出てきてしまうのですが…

そうした点を考えると、長い目で見た時には石膏ボードを2枚張っておく方が良いのではないかと思う場合もあります。
石膏ボードの納まりについてはもう少し後で詳しく説明をしていくことにしますが、LGSをたてるピッチはこのような考え方で決まることになります。

LGSの納まりについてはもう少し説明することがあるので次回に続きます。

関連記事

  1. ALCの表面イメージ
  2. 人に聞く事が恐らく一番重要な要素
  3. ALC外壁縦張り納まり例
  4. 遮音性能のイメージ
  5. コストを意識した検討が必要
  6. RC下地石壁の一般納まり