• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ALCという建材とその特徴

壁の下地として採用される材料を紹介していくと言うことで、前回は鉄筋コンクリート壁の特徴や下地としての性能について色々な話をしてみました。
鉄筋コンクリートの壁は色々な仕上材の下地になったり、あるいはそのまま意匠的に見せる納まりとして検討するなど、使用頻度の高い壁なのできっちりと基本を押さえておきましょう。

建物の外壁として非常に優れた性能を持っている鉄筋コンクリート壁ですが、これはRC造もしくはSRC造の建物で採用する場合がほとんどになります。
RC造やSRC造は柱や梁にも型枠を必要とする為、その間に壁を造る場合でもそれほど大きな手間にならない、という理由がそこにはあります。

S造の建物でも鉄筋コンクリートの壁を造る事は出来ますし、実際に鉄筋コンクリートの壁を造る場合ももちろんあるのですが…
その場合でも恐らく外壁を受ける為の立上り壁などが多いはずで、床から上階の床までの壁はあまり造らない傾向にあります。

S造の建物は床も鋼製型枠になっていて、木の型枠を組み立ててコンクリートを流し込んで解体、という作業があまりありません。
そうした状況がある中で、積極的に型枠を必要とする鉄筋コンクリートの壁を採用する事は、作業の効率などを考えるとあまりお勧めは出来ないんです。

それではS造の場合はどのような壁を造っていくのか、という事で、今回はS造の建物でよく採用される壁として「ALC」を紹介します。
ALCという呼び方にあまり馴染みがない方も多いと思いますが、旭化成建材の「ヘーベル」という商品名であれば聞いたことがあるのではないでしょうか。

ALCのイメージ

当サイトでは特定メーカーの製品をお勧めする事はしませんが、テレビのCMなどで「ヘーベルハウス」という表現を聞いたことがある方は多いと思います。
「ヘーベル」というのは旭化成建材が販売しているALCの商品名で、当たり前の話ですがメーカーによってALCの商品名は色々と違ってきます。

他にはクリオンやシポレックスなどの商品名がありますが、メーカーによる商品名の違いをここで覚えておく必要は特にないので、ここはさらっと流していきましょう。
もちろん商品によっそれぞれ強みや特徴などが色々とありますが、ALCという材料が持っている基本的な特徴は変わることがありません。

ここではALCの特徴について色々と説明をしていくことにしますが、その前の「ALC」という名前の由来から調べていくことにしましょう。
こうしたアルファベット3文字言葉の例に漏れず、ALCというのはいくつかの言葉を並べた際の頭文字を取って作られた言葉になります。

Autoclaved : オートクレーブ養生

Lightweight aerated : 軽量気泡

Concrete : コンクリート

これらの頭文字をとって「ALC」となっているので、ALCとは「オートクレーブ養生された軽量気泡コンクリート」という意味合いになります。
オートクレーブという言葉は医療器具などでも使われますが、内部を高圧にした装置もしくは内部を高圧にした装置内での処理そのものを意味しています。

これらの内容を考えていくと、ALCというのは「高い圧力の中で養生された軽量気泡コンクリート」という事になるかと思います。
オートクレーブ養生をすることにどんな意味があるのか、という詳しい話をここでするのはやめておきますが、簡単に言うと「化学反応することによって強度が大きく向上する」という感じです。

ALCというのは軽量ではありますがコンクリートで出来ているのですが、通常の鉄筋コンクリートと大きく違う点は、工場で製作したものを現場で取り付けるという点にあります。
型枠と鉄筋を組み立ててコンクリートを打設する、というイメージは全然なくて、工場で決められた大きさの製品を製作して取り付けるという流れになります。

なので型枠工事が発生しないというメリットがあり、工場で製作して現場で組み立てるという鉄骨の考え方と同じく、施工スピードが速いという特徴があります。
こうした特徴を持っているので、ALCは特にS造の外壁として採用される場合が多く、その為の固定方法や納まりのバリエーションなどもかなり充実しているんです。

ここで改めてALCという建材が持っている特徴について考えてみると、大体以下のような項目が挙げられるのではないかと思います。

・鉄筋コンクリートに比べて軽量である

・工場で製作することによる工期短縮が目指せる

・工場で製作している為品質を確保しやすい

・壁内に気泡がたくさんある為断熱性能に優れる

・コンクリート製品なので耐火性能もある

ALCは気泡入り軽量コンクリートである訳ですから、軽いという事と、気泡があることによる高い断熱性能を持っている、という事は当然なのかも知れません。
実際に検討してみるとよく分かりますが、上記のような特徴を持っているというのは大きなメリットになりますので、様々なシーンでALCは採用されていく事になります。

次回はもう少しだけALC関連の話が続きます。

関連記事

  1. ラーメン構造と壁構造
  2. 現実は理想通りにはいきにくい
  3. 人に聞く事が恐らく一番重要な要素
  4. スチールパネルの納まり例
  5. 設計と実際の納まりと
  6. グラスウールのイメージ