• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

壁に求められる性能-1

「壁」という表現は色々な場所で使われています。
「超えられない壁」とか「言葉の壁」とか言うと、それは実際に存在する壁ではなく、両者の間にある大きな隔たりを表す比喩的なものになったりもします。

しかし建物に限定して「壁」というと、それは外部と建物内、あるいは部屋と部屋を隔てる目的で実際に作られる、垂直に建つ平板状のものを意味します。
説明しようとすると堅苦しい表現になってしまいますが、そんな表現をしなくても多分大丈夫で、壁と言えばいつも家や職場などで目にしているアレの事です。

壁に求められる性能には色々な種類がありますが、その前に、まずはそれぞれの場所を隔てるために建てられるという大きな前提があります。
外部と建物の中を隔てる為に壁が必要で、建物の中にある部屋同士を隔てる為も壁は建てられて、それに付随して色々な性能が求められます。

ということになるので、まずはその前提を押さえておきましょう。
壁に求められる性能には以下のようなものがあります。

・建物を支える構造としての壁

・雨が建物の内部に入って来ない為の止水性能

・外部の気温を建物内に影響させない為の断熱性能

・火災時に人が避難する間だけ炎が周囲に回らない為の耐火性能

・建物内もしくは建物外の騒音を遮断する為の遮音性能

・単純に空間を仕切って別の使い方をする為の壁

必要とされる性能としては上記のような感じになります。
私たちが目にするのは壁の表面だけなのであまり気がつきませんが、それぞれ求められる性能によって中身は様々な仕様になっていたりするんです。
このあたりは今後詳しく説明していこうと思っています。

壁というのは建物を利用する人の目に最も触れやすい位置関係にあるので、性能として必要という訳ではありませんが、見た目の美しさも重要な要素になってきます。
性能だけを満たしておけば後は何でも良い、という訳ではなく、見た目も美しくて必要な性能も当然持っている、という状態が理想と言えるでしょう。

そのあたりは当然設計者も分かっているので、意匠的にどう見せるかなどを考えながら壁の仕様などを決定していく事になります。
壁の表面というのは人の視線が集まりやすい場所でもあるので、壁の見せ方によって建物の雰囲気は結構大きく変わってきます。

そのあたりを意識しながら壁の意匠を決めるというのは、設計者にとって大きな検討項目だと言えるでしょう。
そうした見た目にプラスして性能を付加していくという感じになる、と言うことで、建物の壁として求められる性能について、それぞれの項目毎にもう少し詳しく説明をしていくことにしましょう。

□建物を支える構造としての壁

建物の構造についての話は以前のカテゴリで色々と説明をしてきましたが、RC造・S造・SRC造という大きな分類がまずはありました。
どの種類の構造であっても、基本的には柱と梁で構成されるフレームが構造体になっている「ラーメン構造」が主流になっています。

ただ、建物の規模が小さい場合には「壁構造」と呼ばれる構造も採用される場合があって、その場合は壁が建物の構造体になります。
壁構造のイメージは以下のような感じです。

ラーメン構造と壁構造

建物の構造体として壁を造る場合には、基本的に鉄筋コンクリート造の壁が選択されることになり、それ以外の選択肢はありません。
壁構造の建物以外では、壁に求められる性能として「構造体であるかどうか」という区分はありませんので、実際に検討する機会はそれほど多くはないかも知れません。

関連記事

  1. ランナーとLGSの関係イメージ
  2. 溶融亜鉛メッキリン酸処理の暗色例
  3. エントランスホールの一例
  4. 下地位置を調整してタイルを割り付けた例
  5. スチールパネルの納まり例