• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

石の種類について考えてみる

前回は床に石を張る場合の基本的な話を取り上げてみましたが、その中で「石には幾つかの種類がある」という話がありました。
床仕上材として適しているかを含め、今回は石の種類がどのような感じになっているのか、というあたりの話を取り上げてみることにします。

まずは大まかな石の種類について挙げてみると…

・御影石(花崗岩)

・大理石

・石灰岩(ライムストーン)

こんな感じになります。

細かい話をしていくと、石というのは非常に奥が深い世界があって、成分などによって本当に様々な種類の石があることが分かりますが…
建築材料としてよく使われるのは上記の石種になるので、まずはその種類だけを覚えておけば良いのではないかと私は考えています。

石の種類について詳しくなったり、その石を実際にコレクションしてみたりするのは、綺麗な石を集めるという子供の感覚に近くて楽しそうですよね。
趣味は鉱石の収集です、とか言うとちょっと変わっていて話としては良さそうですし。

ただ、石について色々調べていくとかなり面白そうな感じがするのですが、どうもコレクションをする為にはお金が掛かりそうな雰囲気が結構します。
こうしたコレクションは本当に奥が深すぎて、残念ながらまだ私には手が出そうにないので、もう少し働いてからにしようかなと思います。

そんな話はさておき、建物で使われる石については、大まかな種類としてはそれ程多くはないということがここでは分かりました。
ただ、もちろんというべきか、それぞれの大まかな種類の下に色々な柄や色の石があるので、選択肢として全然少ないという訳ではありません。

産地や色や柄などはまた後でという事にして、ここではそれぞれの石種についてもう少し詳しく調べてみることにしましょう。

□御影石(花崗岩)

御影石(みかげいし)もしくは花崗岩(かこうがん)と呼ばれる種類の石は、マグマが地中深くで固まって出来た石の総称です。
まずは硬いという大きな特徴があって、磨くと綺麗な艶が出て美しく、耐久性も高くすり減りにも強いため、建物の様々な場所で採用される石種です。

産地によって色合いや柄は様々で、御影石(花崗岩)と言っても全然違うじゃないか、と思ってしまうくらい色の選択肢はたくさんあります。
恐らく建物の中で多く見られるのが「白御影石」と呼ばれる御影石で、白系の石に黒いつぶつぶが散らばっているような感じの石になります。

白御影石のイメージ

…って、全然伝わりませんので写真で見て頂くことにしました。
こうした白御影石はもちろん好みが分かれるところではありますが、建物で採用される石としてはかなり多く使われるのではないかと思います。
実際に使ってみると非常に雰囲気が良い感じになります。

ここで紹介した白系の御影石以外にも、黒御影石と呼ばれる黒っぽい石とか、茶色っぽい御影石など選択肢はたくさんあります。
御影石が持っている特徴の中で「硬くて耐久性が高い」という部分が、床で使う石種に求められる性能にマッチしているので、御影石は結構床材としても採用されることになります。

石の磨き方については改めて説明するつもりですが、床仕上材として使用する場合には、本磨きではなくジェットバーナー仕上とかジェット&ポリッシュなどになっていきます。
本磨きは表面が綺麗の凹凸がなく美しく仕上がるのですが、凹凸がない分だけ滑りやすくなるので、床仕上材としては不向きなんです。

美しく見せるだけが建物の目的ではなく、安全に建物を利用する事が出来るというのも大きなポイントになってくる訳です。
そう言った面から考えると、いくら美しくても表面を綺麗に磨きすぎるのは、床仕上材としては不適格ということになってしまうんです。

大理石と石灰岩(ライムストーン)の特徴については次回に続きます。

関連記事

  1. 床仕上材の仕様は色々ある
  2. 床タイルのイメージ
  3. 本磨き仕上の石
  4. ビニル床タイルの一般的な納まり
  5. サンドブラスト仕上
  6. 床レベルの検討