• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

ビニル床タイルの分類について考える

ビニル床タイルと呼ばれる床仕上材は、塩ビ樹脂で構成されているタイル形状(=四角形)の床仕上材を指した名称です。
もしかしたら「Pタイル」とか「プラスチックタイル」などの呼び方の方が、聞き慣れていてしっくりくるかも知れませんが…

ビニル床タイルの一例

当サイトではやはり正式な名称であるビニル床タイルという呼び方をしていこうと思います。
ただ、ビニル床タイルという呼び方は全体を表す呼び方でしかなく、その中には色々な種類の床仕上材が存在していて、それぞれ色々な特徴を持っています。
今回はそのあたりについて簡単に考えてみる事にしましょう。

こうした分類は昔から少々分かりにくい傾向にあったのですが、近年JIS(日本工業規格)の改正によって、それもまた少し変わってしまいました。
うーん…せっかく昔に色々調べてようやく頭に入ったのに、全然変わってしまうのではなく、微妙に変更がかかってしまいました。

私を含め、分かりにくいながらも今までの分類を覚えていた方は、もう一度その記憶を入れ替えておく必要があるので、正直ちょっと憂鬱な気分にもなります。
とは言っても、これはもう仕方がない事なので、残念ながら分かりにくくなってしまった感じの新しい規格をここでは覚えておく事にしましょう。

これから説明しようと思っているビニル床タイルの分類は、ただでさえあまり分かりやすいとは言い難い分類だと思います。
こうした分かりにくい分類について、新旧を織り交ぜて紹介していくのは、正直なところちょっと無謀ではないかと考えています。

そんな理由があるので、ここでは昔の規格がどうだったかという部分には触れず、改正された規格だけを正解と考えて紹介していくことにします。
という事で、まずはビニル床タイルの分類から紹介します。

・コンポジションビニル床タイル

・単層ビニル床タイル

・複層ビニル床タイル

・置敷きビニル床タイル

・薄型置敷きビニル床タイル

という感じの分類になっていて、それぞれが微妙に性能が違うけどあまり見た目は変わらないという、ちょっと勘弁して欲しい感じになっています。
…と、そんな文句を言っていても始まらないので、ここではそれぞれのビニル床タイルについての簡単な説明をしてみることにします。

その前にまずは「バインダー」について書いておいた方が良いかも知れません。

ビニル床タイルの構成について説明する際には、まず「バインダー」と呼ばれるつなぎ材のようなものが混入されている、という事をまずは紹介させてもらいます。
この「バインダー」は、樹脂と可塑剤(かそざい)と安定剤で構成されていて、例えば蕎麦のつなぎ材と同じように、つなぎ材の割合が多い方が柔軟性が高くなっていきます。

つなぎ材を全く使わない蕎麦に「十割蕎麦」と呼ばれるものがありますが、これは完全に蕎麦粉だけで出来ているので非常に風味があります。
しかしつなぎ材を入れずに打っている蕎麦ですから、ちょっとボソボソ状態になるのは仕方がない事で、私は好きですけどあまり得意ではない方もいるはずです。

床仕上材を蕎麦と一緒にして良いかどうかは迷うところですが、バインダーと呼ばれるつなぎ材が少ないと、まずは材料として安定しやすいというメリットがあります。
ただし少し硬質な感じになり、割れやすくなってしまうというデメリットもあるので、どの程度バインダーを含有させるのかは難しいところ。

バインダーが多いと材料としては柔軟性が出てきて良いのですが、伸縮しやすくなるというデメリットが出てしまうことにもなります。
こうした「バインダー」がビニル床タイルには含有されている、という事を前提にして、それぞれの分類について説明していくことにします。

関連記事

  1. アスファルト防水の納まり例
  2. セルフレベリング材の施工例
  3. 浴室の水勾配検討
  4. 防振浮き床納まりの例
  5. ジェットバーナー仕上
  6. 石目地のイメージ