• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

床納まりの大きな分類について

床仕上の納まり方針などがなかなか決まらない場合は結構あって、だけど鉄骨などの製作リミットは確実にある、という場合にどう対応していけば良いのか。
こうした問題には「これ」という確実な解決方法がないというのが現実ですが、それでも出来るだけ正解に近いと思われるやり方で進めるしかありません。

方針がどちらか決まらない、というような状況があったとしても、それを後まわしにしても問題ないような構造体にしておく事が理想的です。
納まりの方針が決まらない事を想定しておき、どのような納まりになっても大丈夫なように対処しておく、というのがプロの理想的な仕事ではないかと思います。

…と、さらっと書いていますが、これがそう簡単に出来ることではないのはプロの方の方がよく分かっているはずで、「簡単に言うな」という声が聞こえてきそうです。
こうした調整は本当に難しくて、まさに「言うのは簡単ですが実行は非常に難しい」事の典型的な例ではないかと思っています。

施工者の立場で考えてみると、決定していない部分については後々まで選択肢を残しておくような納まりにしておいた方が良いと思ってしまいます。
しかしもちろんそれはコストとの兼ね合いもあるので、全部の箇所でそのような判断を下すことは非常に難しいと言うしかありません。

施工者としては極力無駄なコストを減らしていきたいと考えているので、そのあたりをしっかりと押さえておき、結果としてどのような方針で進めるかを判断する。
その際に適切な判断をする為には、やはりまず納まりの基本をしっかりと理解して、段階的に決めていくようなやり方を知っておくことが重要だという結論になります。

うーん…
床仕上についての説明をする前に、まずは床仕上の種類が構造体に及ぼす影響が大きいという話をどうしても伝えておきたかったのですが。
思ったよりも話が長くなってしまいましたね。

検討を進める優先順位などについても色々書いている中で、なかなか具体的な床納まりの話に進まないのが気になっています。
検討の優先順位などの話をするよりも前に、私自身が納まりの説明についての優先順位をきちんとしておかないとダメかも知れません。

こうした反省は私が個人的にやっていく事にして、ここでは具体的な床納まりの話に進んでいくことにして、まずは床仕上についての大まかな分類をここではやってみることにします。

床仕上材には色々な種類があって、素材がどうなのかはともかくとして、色とか柄を全部ここ紹介するのは物量的に恐らく難しいところです。
この床仕上材には白と黒と赤と青と…とかを当サイトで説明しても、床の納まりには全く影響がないので、あまり意味がない説明になってしまいます。

床仕上材の仕様は色々ある

なので、まずは床仕上材を大きく以下のような分類にしてみると、色とかは関係なく分かりやすくなってくるのではないかと思います。

・薄くてコンクリートに直接施工する床仕上材

・ある程度厚みがあって仕上代が必要な床仕上材

・床仕上材の下に何かを仕込んでおく必要がある場合

床仕上材の素材がどんなものかとか、柄とか色がどのようなパターンなのかはさておき、まずは床仕上材の厚みに注目していくという考え方ですね。
床仕上材の厚みによってコンクリート天端レベルや梁天端レベルなどが決まってくる事を考えると、こうした区分は結構正解なのではと思います。

こうした床仕上材の分類を押さえておくことで、床コンクリートをどのようなレベルに設定しておけば良いのかが分かってきます。
もちろん納まりの内容自体も把握していく必要がありますが、その為にもまずはこの分類の主旨をきちんと押さえておきましょう。

関連記事

  1. ビニル床タイルの一般的な納まり
  2. 床OAフロアの例
  3. 床石張りのイメージ
  4. 単層ビニル床タイルの例
  5. 防振浮き床納まりの例
  6. 床仕上レベル設定の考え方