• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

決定の優先順位について考える

床仕上材や床下地の考え方によって、最終的には建物の構造体である鉄骨梁や柱にまで影響が出る可能性がある、というあたりの話を今までの説明では取り上げてきました。
平面プランが確定していないかも知れない状況の中で、先に鉄骨の製作に入らなければならない、というあたりが建築の難しいところではないかと思います。

プラン決定のスケジュール管理が上手くいっていない場合は、後でどのような対応でも出来るように、梁を全部下げておくなどの対応が必要になる場合もあります。
これは少々大げさな表現ではないかと思うかも知れませんが、現実はなかなか厳しいもので、こうした話は実際にあるものなんです。

ただ、そのような荒っぽい判断をしてしまうと、床の型枠であるデッキプレートと梁の納まりがおかしくなってしまう事になります。
しかも当然の結果として余分なコストがかかってしまう事にもなりますから、余程のことがない限りそのような判断は出来ません。

こうした荒技を使うのはプロとしてあまりお勧め出来ないので、現実的な線で考えると以前説明したように、大まかなプランの決定リミットを定めておく事が重要ではないかと思います。
そのリミットまでに結論を出すように調整していき、それ以降の変更では出来ないことがあります、という話を施主にアナウンスしていくしかありません。

このような決定スケジュールの調整は施工者がやるのではなく、施主と打合せをする立場の設計者がやるべきことになってきます。
しかし、工事工程を考えるとどのあたりにリミットがくるのかをきちんと検討して、それを設計者に報告するのは施工者の役割ですから、設計者と施工者が協力して決めていくイメージですね。

設計者と施工者とで連携して進める

先ほどの話と同じような内容になりますが、スムーズに施工を進めていき、なおかつ設計者や施主の要望に応える為には、以下のような項目の仕分けが必要になります。

・製作にかかる前に絶対決めておくべき項目

・ある程度早めに決めておきたい項目

・後で検討しても大きな問題にはならない項目

これらの項目をきちんと仕分けしておき、決定する優先順位を整理しながら様々な業務をこなしていく、という感じです。
それが上手くいかないと、せっかく急いで手間をかけてまでして決めた内容が、実はもう少し後で決めても問題はなかった、みたいな話になってしまいます。

これでは時間がいくらあっても足りない状態になって、いくら頑張っても忙しさはなくなってこないという報われない状態になってしまいます。
そうならない為にも、こうした優先順位という考え方は非常に大事になってくるんです。

施工者側がやるべき作業というのは本当に多岐にわたります。
それに対して時間は無限ではありませんから、検討項目の優先順位を決めておき、順番に取り組むことを意識しておく必要があります。

それがきちんと出来ていないと、後でどうにもならない状態になってしまい、まあ最終的には建物は完成することは間違いないのですが、思ったような完成形にならなかったりします。
思ったような完成形にならないというのは、最終的にちょっと出っ張ってしまったとか、一度造ったものを壊すことになる、などの状態です。

というあたりを意識しながら床仕上の納まりについて読んでいくと、設計者としても施工者としても、決めていくべき順番が見えてくるのではないかと思います。
基本設計段階から実施設計段階に進み、そこからさらに施工段階に進んでいっても、色々な関係があってなかなか決定できない部分というのはどうしても出てきます。

建物が完成するまでの間に、少しでも思ったような建物に近付けていく為には、最後の最後まで検討をしていくような部分があるのは仕方がない事です。
そうした検討をどこまで待てるのか、ある程度大まかな方針を決めておくことで調整を後にすることは出来るのか、というような調整をすることが設計者と施工者の役目だと言えます。

関連記事

  1. フローリングの納まり例
  2. 床石張りの標準断面図
  3. 図面検討の役割
  4. 排水溝の断面図
  5. ビシャン仕上
  6. サンドブラスト仕上