• メールアドレスの設定
    メールアドレス設定のお知らせ

    当サイトでは建築の納まりや仕事に関する話を色々としてきました。運営者である私が知っている限りの話はしていて、ちょっと説明が下手で長くなってしまいましたが、一応サイトとしてはフィニッシュしたつもりでいます。時々アクセス数などを確認していますが、結構たくさんの方に閲覧して頂けるようになり、情[...]

    続きを読む
  • 納まりを調整して美しい建物が出来上がる
    最後に

    さて、前回までの話では、建物の納まりを検討していく為のポイントを簡単にまとめてみる事に挑戦しましたが、あまり上手くいきませんでした。まとめと言いつつも、このまとめにも概要が必要だと思うくらいに長くなってしまい、全然まとめ切る事が出来ていない感じになっていますが…ある程度ボリュームがある話[...]

    続きを読む
  • 美しい建物をたくさん見ていく
    納まりのポイントまとめ-5

    □実際の建物を見る事先ほどはスケッチの重要性について色々と書きましたが、アイソメなどの技術を高めるにはもう何枚も何枚もスケッチを描くしか道はありません。これはスポーツなどでも同じだと思います。例えばテニスを例に出してみると、ラケットの握り方や振り方などは本で読めば知識として充分頭[...]

    続きを読む
  • スケジュール感を持って進める
    納まりのポイントまとめ-4

    □仕上材を決定するまで仕上材の品番によってその規格サイズが決まってくる場合がある、という話を先ほどはしましたが、逆の表現をすると品番が決まらない限りはサイズが決まらないという事でもあります。セラールやアルポリックや化粧ケイ酸カルシウム版などは、最大サイズに合わせて意匠的に割付の検討が必要[...]

    続きを読む
  • 下地位置の決定がまずは重要に
    納まりのポイントまとめ-3

    □下地と仕上材との固定納まりの検討をするのだから当たり前の話ですが、実際にどのようなものが仕上材として取り付けられるのかを知っておくことは非常に重要な事です。何が取り付けられるのかを知らないまま作図していく納まり図、というのは変な感じではありますが、実際には結構あるものなので…・[...]

    続きを読む
  • 3DCADのイメージ
    納まりのポイントまとめ-2

    □三次元CADの利用価値図面による納まり検討や調整の重要性については先ほども書きましたが、納まりを検討する為の図面を作図するにはCADというツールを使う必要があります。簡単に言うとCADは「コンピュータで図面を作図する為のソフト」という事になります。水平垂直の線を正確に引く事が出[...]

    続きを読む
  • まずは机上で確認する
    納まりのポイントまとめ-1

    建築の納まりについてどれだけ知識を吸収したいと思っているかは人によって違う、という話を前回は取り上げました。だから自分が持っている感覚で「仕事で使うのならば誰もが積極的に建築の知識を求めているはず」という考え方はちょっと違うんですよね…建築に関する仕事を人に教えるのは自分にとっても非常に[...]

    続きを読む

施工者としての検討事項

床仕上の具体的な納り例として、前回は床に石を張りたい場合の断面図を作図してみて、床と同時に梁を下げておく必要性について考えてみました。
鉄骨や鉄筋コンクリートなどの構造体を造っていく際には、構造図に記載されている内容を遵守することは当然として、仕上との関係も充分に検討する必要があります。

いくら構造図通りの梁レベルにしても、仕上の納まりを考えていくとそれでは納まらない、という場合が時にはあるんです。
もしそうなってしまうのであれば、構造図に記載されている内容とは少し違う内容で施工を進める事になりますが、建物全体を考えた場合にはそれが正解という事にもなります。

最終的な仕上を意識しておき、その邪魔にならない位置に構造体を調整していく、というあたりが構造体納まりの基本的な方針になります。
もちろん構造図でもそのあたりは意識しているのですが、構造図の内容を鵜呑みにするのではなく、そうした考え方で施工者側もしっかりと検討していく必要があるんです。

最終的に見えないようにする為に苦労をして検討を進める。

…という表現をしてしまうと少し自虐的すぎるかも知れませんが、構造体の検討は常に「見えてしまわない位置に納まる検討」になりがちなんです。
まあ鉄骨柱とかを強力に主張してもあまり見た目が良くないですから、見えないように配慮するのはある程度仕方がないことだとは思いますけれど。

そうした地道な検討をきちんと進めていく事によって、最終的には見た目が美しい建物が出来上がることになる、ということは間違いありません。
施工者としては、設計図に記載されている内容に出来る限りあわせた建物を造っていく為に、こうした地道な検討を進めていくことになります。

床仕上によってコンクリート床レベルが変わるという事は、当然その範囲にかかっている梁のレベルもあわせて下げておく必要があります。
そして、下げておく検討をする構造体がS造やSRC造の場合、鉄骨大梁のレベルを調整した瞬間に柱のダイアフラム形状が変わってしまいます。

例として図を紹介してみるとこんな感じです。

床レベルによりS柱形状が変わる例

コンクリート床レベルの調整をした結果として、大梁のレベルや柱の形状にまで変更が影響してしまう、という問題が鉄骨では発生してくるんです。
この影響は非常に大きなものになりますから、鉄骨を工場で製作するよりも前の段階で、こうした床仕上と床下地を整理しておく必要があります。

鉄骨柱の製作は最も急ぐものですから、それに絡む大梁のレベルを決定するという作業は、施工段階に入ったらすぐに取りかからなければならない重要な要素になってきます。
あまり時間がないけれど、適切な対応をしていないと後でどうにもならなくなる、というかなり厄介な検討項目ではありますが、それだけ重要な項目だという事が言えるでしょう。

特に、鉄骨梁は鉄骨柱のダイアフラムに取り合ってくる関係で「少しだけ下げる」というのが苦手ですから、最初から検討しておかないと後で面倒なことになってしまうんです。
少しだけ下げるのが厳しいから大きく下げておく、という考え方が成り立つ場合もありますが、むやみに大梁を下げると下階の天井に影響が出るので危険ではあります。

かと言って大梁を下げておかないと床仕上が納まらない事になるので、やはり鉄骨は下げておくしかないし、だけど少しの段差だとダイアフラムが納まらないし…
と言うことで、鉄骨大梁のレベルを決めるのは結構苦労があるものなんです。

このあたりの話は構造体について説明した際にも同じよう内容で書いていますが、どこまでいってもこうした鉄骨納まりの苦労はなくならないものです。

関連記事

  1. 浴室の水勾配検討
  2. ビニル床タイルの一般的な納まり
  3. 本磨き仕上の石
  4. 磁器質タイル
  5. 床レベルの検討
  6. モルタル+床タイル張り納まりの例